2017年7月17日 (月)

ポピュリズムとバランス批判

家族を殺された人がまだ生きているさえいるのに“シャレ”で済むはずがない。

ホリエモン、ヒトラーTシャツ着用生出演でNHK謝罪 本人は反論ツイート : スポーツ報知
http://www.hochi.co.jp/topics/20170712-OHT1T50347.html
堀江氏は出演後、自身のツイッターで「シャレわかんねー奴多いなぁ」と投稿

ヒトラー想起、NHK謝罪 堀江貴文さん着用のTシャツ - 産経ニュース
http://www.sankei.com/entertainments/news/170712/ent1707120008-n1.html
堀江さんは「我が闘争」という題名の自叙伝を出版しており

Bbfc2f55

気になったのが「バランス人間はまっぴら」というキャッチ。 バランス人間とは、どっちつかずの中途半端な人、他人の出方を見てから態度を決める人という意味なのだろうが、これが拡大解釈されて、バランスを取ること自体が悪いとされかねない。

仏教では「空(くう)」を説く。 偏る思考・執着を無くすためにありとあらゆるものごとを否定しまくる。 現代社会では否定的な発言は嫌われるため避けるべきとされるが、客観性を磨くためには批判力は必要。 ただし、あれもこれもと批判していると何が正しいのか分からなくなってくる。

仏教ではそこからさらに、否定さえ否定するという境地を目指す。 否定の否定で二重否定だから肯定と言ってよいのかどうさえ私にはわからないが、肯定するとして少なくとも否定を熟考した上で用いるべきであり、単純な否定・肯定・半端とは異なるバランスが求められている。

ホリエモンのバランス否定発言は、バランスの奥義を極めたものではなく、単なる先祖返りの単純化であろう。 ポピュリズムの基本は単純化だ。 決して品格品性の高度化ではなく、目指すべき民主主義とは似て非なるもの。

2017年7月 4日 (火)

あなた宛の@ツイートをいいねしました。

「あなた宛の@ツイートをいいねしました。」

ツイッターのこの通知、要らないなぁ。 フォロワー数の多い相手が拡散するだけで、議論の中身関係なしに、この邪魔な通知がわんさか届く。 脈絡を確認せず(前後を読まずに)横やり入れてくるやつの相手をするのも面倒だが、いいねやリツイートだけでも鬱陶しい。

というわけでツイッターもそろそろ止めようかな。 ユーザーにおいて何が不満なのか、ツイッター社も知らないはずはないと思っている。 たぶん、多少荒れても利用数(ツイート数)を増やすきっかけを仕込みたい思惑があるのかと予想。

広報の練習みたいなつもりで投稿していた私としちゃ、ストレスバランスも考慮しつつやっていたわけでね。 こんなんでストレスを感じるくらいなら、リアル人間社会で頑張った方がマシに思える。

2017年7月 3日 (月)

民進都議・都議候補者の選挙結果

7月2日投開票の東京都議選
民進都議は3月上旬の時点で18人

まずは離党した議員から

現職都議
【当選】小山有彦(くにひこ)(府中)2期、民進系会派「東京改革議員団」幹事長代理→都民ファースト
【当選】石毛 茂(西東京)民進党都連選挙対策委員長→無所属→都民ファースト(追加公認)
【当選】石川良一(南多摩)都議選非候補者(未公認)→無所属→都民ファースト(追加公認)
【当選】尾崎大介(北多三)民進系会派「東京改革議員団」幹事長→無所属→都民ファースト(追加公認)

【落選】島田幸成(西多摩)→都民ファースト→無所属
【落選】野上幸絵(江東)=柿沢幸絵(夫:柿沢未途 衆議)→無所属【除名相当
【落選】新井智陽(日野) NTT労組と決裂;都議選非候補者(未公認)→無所属
【落選】酒井大史(立川) 民進系会派「東京改革議員団」団長代理→長島昭久衆院議員(比例東京)に同調→無所属

前職・元職都議
【当選】増子博樹(文京)→都民ファースト
【当選】田之上郁子(江戸川)→都民ファースト
【当選】伊藤 悠(目黒)2期→都民ファースト
【当選】滝口 学(荒川)公認予定者→無所属→都民ファースト(追加公認)
【当選】中山寛進(ひろゆき)(台東)→無所属→都民ファースト(追加公認)

【落選】熊木美奈子(板橋)→無所属
【落選】大塚隆朗(港)3期→無所属
【落選】山下太郎(北多四)民進系会派「東京改革議員団」団長→無所属

区議・市議(現職・前職・元職)
【当選】森 愛 (元大田区議3期)→都民ファースト
【当選】内山真吾(昭島市議);東京都連幹事長を務める長島昭久衆院議員の元秘書;公認予定者→都民ファースト

無所属は都民ファースト推薦。 小池都知事から公認・推薦もらっても落ちた奴らって一体…。
酒井と新井は議会での発言ほとんど無し。仕事していないのがバレたか。
民進は政策重視、自民は人重視、こいつらは人気重視。

──────────────────────────────
離党しなかった議員(落選した前職・新人は省略)

現職
【当選】中村 洋(三鷹)
【当選】宮瀬英治(板橋)
【当選】西沢圭太(中野)

【落選】浅野克彦(練馬)※同党新人 藤井智教は当選
【落選】今村路加(町田)※次点
【落選】斉藤 敦(小平)※次点
【落選】田中朝子(杉並)※みんなの党→維新→民進;同党新人 西村正美(前参議)および生活者ネット 小松久子(次点)ともに落選

【不出馬】大西智(さとる)(足立)※同党新人 銀川裕依子は落選

前職
【当選】山口 拓(世田谷)

新人
【当選】藤井智教(練馬)

杉並だけは生活者ネットも含めて候補者1本化調整するべきだった。
結果は2議席減。 落選内容はそんなに悲観的なものではないだけに、落選は本人のあとわずかな力不足というより他ない。

2017年5月31日 (水)

イベント詐欺

東京新聞:食フェス企画会社 1.3億円集め破綻 出店料戻らず被害者の会結成
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201705/CK2017053102000247.html

永井健太 出店事務局(名刺)
中井冬樹 代表取締役(HP)
大須健弘 代表者(宣伝:Digital PR Platform)

これらが本名かどうかもわからない。 偽名なら、ほぼ詐欺師確定だが。

経歴と与信をしっかり確認することに尽きる。
イベントに歴史があるのか。 イベント企画の代表者の経歴がしっかりしているか、あるいは担保となりうる財産を持った経営者か。 ランキングや県代表選出のような表彰は公平性から考えて小規模企画会社には無理。 バカ騒ぎ系イベント(〇〇フェス)の企画会社には近づかない。

開催中止で混乱の「グルメンピック」の大東物産、破産 出店料はまだ返金されず - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1702/23/news071.html

グルメンピック2017~「詐欺かも」と出店予定者の声(1) | データ・マックス NETIB-NEWS
http://www.data-max.co.jp/290123_dm1559/

目指せ!グルメの金メダル【グルメのオリンピック!】~グルメンピック2017~開催!!
http://web.archive.org/web/20170118160846/https://digitalpr.jp/r/17618

あと、ネットのPR(CM)は半信半疑にしておくべきだが、テレビCMも近年質の悪化がひどいと思う。 科学常識は詐欺被害防止になるが、一方で最先端科学は詐欺師の棲家なので一般者は要注意。

2017年5月 9日 (火)

定番キーボード

低価格なPC用USB接続のスタンダードキーボードの紹介です。 高級品は好きなだけ自分で納得のいく品をお探しください。 差別化させようと各社ヘタにこねくり回して変な製品が多いので、間違いないものを2つ紹介します。 というか、これ以外にまともなのがあるのか?

低価格となると基本メンブレン式になります。 かといって、キーの押し下げ時に“ぐにゅっ”とぐらついたりしないものを選びたい。 お薦めはELECOM製です。

TK-FCM062
USB接続 スタンダードキーボード - TK-FCM062シリーズ
http://www2.elecom.co.jp/peripheral/full-keyboard/tk-fcm062/

企業御用達のDELL等で採用されているキーボードと同等品質で手になじみます。 しかも、これは超低価格。 売れまくっているからこその薄利多売なのでしょう。

もうひとつのお薦めは、アイソレーションタイプのキーボードです。 キーとキーの間に隙間があって、ペチペチと打てるやつです。こちらはBuffalo製になります。 キー配置を特殊にせず、幅を最小限にしているところに好感が持てます。

BSKBU15
USB接続 有線スタイリッシュキーボード|株式会社バッファロー BUFFALO
http://buffalo.jp/product/input/keyboard/bskbu15/

ファンクションキーが4キーごとにグループ分けされています。 この隙間があるおかげで打ち間違いが減ります。 テンキー無し版があればよいのですがBuffalo製には無く、他社製は残念ながら耐久性に問題があります。 テンキー付きではありますが、超軽いので重量的には持ち運びは苦になりません。

2017年4月 8日 (土)

世論操作

某ニュースサイトのコメント欄より転載

短絡的な政権叩きは少数派だぞ。
いい加減目を覚まして好き放題やってる自民が悪いではなく好き放題させてるのは何が悪いのか、勝つどころか相手にもされてない野党の悪いところは何なのかを考えろよ。
俺達は何も悪くなく正しいのに悪の自民党が好き放題やってるのはおかしい!
ではもう国民は動かないんだよ。
そして終いには自民支持する国民は勿論自民支持しなくても野党を支持しない国民すら悪いとか言い出すから始末に負えない
自分達は正しく反するものは悪であり反論は許さないという凝り固まった思考回路はテロリズムの始まりだということにも気付かない

──────────────────────────────
上記は、よくある自民支持者による世論操作。

短絡的ではない政権叩きとは何なのか、自分では書かないでメディアを否定するだけ。
野党の悪いところを知っているらしいのに指摘せずにはぐらかす。疑心暗鬼を起こさせたいらしい。
野党に自分らには正しくないところもあると自虐を勧めるかのようなことを書き、実際そのようにしたらしたで自虐史観だと責め立てる。
「国民は動かない」んじゃなくて、実際には動いているが票に結びついていないだけ。
「国民が悪いと言ってはいけない」という選挙上の鉄則をそのまま真実だと思っているお目出度い頭。
選挙時だけはリップサービスをするしかないのが今の選挙制度であり、現実は国民も政治家のどちらも無謬であるわけがない。
少なくとも選挙時外まで国民の声を拾い過ぎて右往左往するのはポピュリズムというもの。
「自分達は正しく反するものは悪であり反論は許さない」もうそのまま返したくなるような180度逆思考。
テロと専制独裁の害悪と、どちらの対処を優先するべきか、天秤にかけるべき。
反自民というだけでヘイト調にテロリスト呼ばわりしている暇があるなら、癒着・忖度政治が進む現状を憂うべき。

どうして自民支持者はこうなるのか。
「危機感を持って動いている人には国を想う心があるハズ」という信念めいたものがあるのかと。
だが、実際には自民党議員の大半は自分の出世・票踏みと兼ね合いで主義主張を変遷・転向させながら、自分の代で破綻しない程度に国家・国民を私的利用している。
一方、野党議員は清廉潔癖を旨として世論操作まがいのことはしないが、抵抗力までもない。
弱いと嫌うべきか、弱いから支えるべきかは、国民の胸三寸であろう。

2017年4月 1日 (土)

デマゴーグ 池田信夫

誰かこの学者もどきの扇動者を葬ってくれよ。
炉心溶融=メルトダウンだよ。アホか。
このような門外漢の経済学者らが原子炉を一夜漬けで理解したつもりで垂れた間違った蘊蓄で誤誘導された結果、慌てて住民が避難する羽目になったんだよ。
理学部卒業の菅総理の正しい科学的理解と献身的な差配が無ければ日本はもっと混乱しただろう。
人気・不人気で正誤を語るなかれ。

──────────────────────────────
2016年03月01日 09:04
福島第一原発事故は「メルトダウン」ではない – アゴラ
http://agora-web.jp/archives/1671528.html
毎日新聞などが炉心溶融とメルトダウンを混同し、「メルトダウン『判断基準あった』 福島原発事故当時」と誤って報じた
保安院は当時も「炉心溶融」とは発表していないし、「メルトダウン」という言葉は今までも使っていない。これはまったく事実無根である。

2011年03月12日 05:50
池田信夫 blog : 福島第一原発について
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51687156.html
「燃料溶融」が完全なメルトダウン(炉心溶融)を意味するわけではない。

2011年03月12日 20:12
池田信夫 blog : 福島第一原発についての補足
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51687395.html
保安院が炉心溶融という重大事故を示す言葉を軽々しく使うのはよくない。

2017年1月 1日 (日)

犯罪者に課す刑罰以外の道

年明け一番、重い話ですみません。

(裁判員物語)「出所後また殺す」死刑望む被告に戸惑い:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJCS0NVDJCRUTIL03K.html

裁判で「死刑にしろ」と毒づく被告がたまにいる。 彼らの多くは、統合失調症などの精神疾患ではないと私は考えている。 何が法的に罪に当たるのかを知った上で犯行に及んでいることから、知能に問題がないからだ。

だが、それ故に罪深い。 ここで書いた『罪』とは損失への賠償責任や社会に与えた動揺のことではなく、心の闇のこと。 賠償責任という意味の罪であれば、犯罪行為に応じた刑罰を受け、被害者やその遺族への賠償を支払うことで終える。 社会的な償いであれば、(たとえ改悛が無くても)多くの人を救うことに何らかの貢献することで果たされるであろう。

だが、心の闇の方は違う。 これに厳罰を課して口を封じても、本質的な犯罪防止にならない。 社会への不満の正当化とくに理不尽の公平化は、直接犯罪者同士が知り合うことなく、共有状態にあると言ってよいからだ。

死刑を以てして被告を消し去っても、犯罪遭遇率は減らない。 にもかかわらず、感情から極刑を望む被害者遺族も少なくない。 誰も救われない中途半端な地獄である。 これを脱するには被告から改悛を引き出す以外に無かろう。

育ちが違うと矯正は徒労に終わるとあきらめてよいのだろうか。 愛情とは低年齢時にだけ後天的に取得できるものなのか。 あらゆる医学・心理学・教育学・生物学を総動員しても、精神疾患でもない逆恨みの犯罪者を真人間に生まれ変わらせることは、それほどまでに難しいというのだろうか。

洗脳と言うと拷問を伴う調教や薬物を使った依存症の利用を思い浮かべるかもしれない。 しかしながら、広義の意味での洗脳は私らがお互いにコミュニケーションという名でやっていることだ。 人ひとりを全く違った社会環境でどれだけ作り変えることができるのか、本当に研究をした人がいるのだろうか。 人類・国家はもっと次元の高い挑戦を始めるべきだと思わずにはいられない。

>>追記

受刑者が犬を世話する刑務所ペットホテル、ポルトガル:AFPBB News
http://www.afpbb.com/articles/-/3107245

人には素直になれなくても、動物ならそのタガを外せる場合もあるだろう。 更生不能と法的な罪の重さと必ずしも一致しない。 厳罰化が進められた間に、どれだけ更生方法の開発が進んだのか。 過密人口時代なら、犯罪者の将来など気にせずに泡沫と消えてもらって構わないところだが、今は地域社会に貢献できる人材に事欠く時代。 一人でも多くの落ちこぼれを防がなくてはならないため、烙印を押す人間の数を最小限にとどめるのは、被害者を含む社会全員の義務だろう。 例え、犯罪者が与えた損失が唯一無二なものに対する不可逆な行為だったとしても、別方向・別次元での補填の道を探るべきではないのか。

2016年12月23日 (金)

twitterの弱点

twitterの最大にして致命的な弱点がわかってきた。

 ツイッターは基本的に、自分発のツイート以外に、自分のタイムラインに流れてきた他の人のツイート・リツイート・メンション・リプライを見て、それをリツイートしたり意見を付けてリプライする。 このときに引用元や議論相手の前後流れを確認せずに意見や批判をするため、誤解を拡大しやすい。 特にリプライでは当事者間で議論が先へと進んでいるのに、最初や途中を引用して割り込まれた経験がある人は多いだろう。 リプライ(フォロワー公開)ではなくメンション(一般公開)にしていたとしても、議論の流れをちゃんと確認されることはほとんどない。

 リプライが論議の途中を抜き出したものだと断章取義となり、一部分だけを都合よく自分のフォロワーに紹介することで炎上を促してしまう。 いわばシステム的な欠陥を持ったSNSと言わざるを得ない。 必然的にフォロワー数がモノを言うので、ポピュリズム的な話題でフォロワー稼ぎに精を出す様態が起こっている。

 推奨されるツイッターの利用方法としては、一切、他人へのリプライをせず、他人からのリプライにも答えずに、ただひたすら単発のつぶやき(狭義のツイート)のみをするのがトラブルが少ないということになる。 どうしても返答する時はリプライではなく頭にドット「.」を付けたメンションを使い、自分のタイムライン上に公開するのがマシなわけだが、先の指摘通り、誤解防止効果はほぼない。

 基本的にツイッターを批判に使っても議論に使ってはならないということだ。 それじゃ、ますます罵倒・嫌がらせ的使い方の肯定になって使う意味がないと感じるなら、使わないのが正しいというのが当方の結論である。

2016年10月 4日 (火)

安倍晋三がなぜ菅直人を目の敵にするのか

 安倍首相の菅元首相へ姿勢はいつも罵倒に次ぐ罵倒で、まるで前世での親の仇かのように嫌う様は傍から見ていて異常性を感じるほど。 それは有能な政敵を追い落とすための単なる方便であろうかと、私自身を納得させようとしてきたが、10月2日の菅氏のブログの冒頭を見て合点が行ったことがある。

同窓会|菅直人オフィシャルブログ「原発ゼロと平和な未来」の実現を目指して
http://ameblo.jp/n-kan-blog/entry-12205846764.html
昨日は生まれ故郷の山口県宇部市の、神原中学校昭和37年卒業同期会に出席。参加者は100人を超えた。

 菅さんは山口の宇部市生まれで育ちもそこ。 これが安倍から妄執を受ける原因だと思われる。 安倍首相は選挙地盤が菅氏の故郷と同じ山口県。 だが、生まれも育ちも東京。 そのくせ選挙時となると『長州人の心意気我にあり』みたいな顔をする。
 しかし、古くから地元山口の移ろいを本当に知るのは菅直人氏の方であって安倍ではない。 それに加え、長州人の人となりを語らせたら菅氏の方に軍配が上がる。
 つまり、安倍首相の菅氏への嫌悪の原因は、郷土愛に育まれた菅氏への羨みに他ならない。 安倍は代わりに東京推しするわけにもいかず、日本伝統的・和式的なもので自分を飾るようになったと考えるのは自然だろう。 こんなちっぽけなプライドにしがみつく男を首相にしてしまった国民の罪は大きい。

«後藤博という男

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ