2019年5月17日 (金)

ADSLの不安定原因

 ADSLで接続(セッション)が切れることが集中して起こることがある。 雨風の強い日もあるにはあるが、のどかな朝に不安定になることもあって、単に回線の問題ではなさそうだとは感じていた。 もし、切れるのがVoIPだけであれば(道連れにデータ通信も切れる状況)、プロバイダ側のVoIP機器の不具合の可能性が高い。 もし不安定な人がいれば、使っていないIPフォン(VoIP)契約は解除してしまうのがよいと思う。 解約手続きはネット上からできることが多いと思うが、ものすごく分かりづらい場所にあったりするので、根気よく探してもらいたい。 間違えて回線ごと解約しないように。

 ところで、プロバイダは苦情を受けると「回線速度を落とします」と言ってくるが、真剣に原因を追求する気がまったくない態度だと言わざるを得ない。 大手プロバイダですらこんな状況では、通話はスマホだけでいいやってなるのは当然だろう。

2019年5月 3日 (金)

自衛隊明記でさらなる曖昧化

「いまの改憲論はフェイク」憲法学者・樋口陽一氏の危惧:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4C5TC1M4CUPQJ00R.html

 今の安倍政権のように解釈改憲なんて企てる連中が、憲法改正して自衛隊明記をしたところで、そこからまた新たな解釈改憲を企てるに決まっているだろう。 これが最初で最後だなんて、あの連中が思っているはずがない。 曖昧な余地を残そうとあの手この手で、「これは最大公約数的に合意を得られる限界だから落とし所にしよう」とかなんとか言って、さも譲歩したかのような態度で骨抜きにさせる可能性が高い。 護憲がよいとは思わないが、曖昧改憲はもっと悪い。 私は9条には非戦平和への自己犠牲の精神性があると思っている。 ただし、犠牲の強制ではなく、犠牲に殉じた人を尊ぶことの強制だと思う。 この非戦平和を戦闘平和にすり替えようとしたり、「無関心・無抵抗非暴力」と「非暴力的抵抗・説得」をごちゃまぜにして自虐的だと蔑むことは許されない。 この誤解を完全になくすような文言込みでの改憲なら、それは有りだとは思う。

2019年4月27日 (土)

ネット限定層

しぼむ安倍首相への期待 でも「ネット限定層」は高支持:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4S674DM4SUZPS005.html
 「ネット限定層」は、どんな人たちなのか。30代以下が半数を占めるほか、男性が6割と多めだ。職業別は事務・技術職層3割、製造・サービス従事者層1割、自営業者層1割。学歴は大卒以上が4割と全体に比べるとやや高めだった。

 IT系のプレゼンをしている人の中には、どことなくネトウヨ臭を醸しているのが結構いるから、このアンケート結果は概ね正しいと感じる。 「ネット限定層」ってのは、自分のことを「アーリーアダプタ」だと思い込んでいる奴らのこと。 比較的最先端を取り込んで生活していると思っていて、自分の考えは合理的・科学的だから他人から何を言われようが最後には自分の正しい考えが残ると自負している。 平たく言うと、井の中の蛙なのだが、周りを無視する分、仕事が早いから厄介な面がある。 この歪さから、「できるバカ」といった感じか。 理系人間は、この世は自然淘汰・弱肉強食の世界だという認識、あるいはそういう構造がもっとも安定的なヒエラルキー社会だと信じているところがある。 だから大企業など既得権益に極端にすり寄り、マジョリティ側からしか行動しない。 将棋にはめっぽう強いという印象もある。 限られた手段で相手をどう負かすかということに長けている。 何事も勝負に持ち込む癖があるから、余計な敵を作る。 負けからは学ぶが負けるまでは学ばない。 そんな連中なのだ。

2019年4月26日 (金)

JPRSの怠惰

「.jpの信頼性確保して」──総務省、JPRSに要請 - ITmedia NEWS
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1904/26/news103.html

 情報インフラということで、倒産し得ない絶対的な安定団体ともなると、やはり胡座をかくらしい。 ルーチンワークでモチベーションが下がり、チェックを怠ったり、課題検討を回避したりするのだろう。 元々、無駄にドメインの種類を増やしすぎて、その取り扱い収益でウハウハだったみたいだが、日本語ドメインなんかはもう誰も使わないことがとうにバレ始めている。 セキュリティの観点からも、英数字以外の紛らわしい文字を使うドメインは敬遠されるのが実態。 考えなしに売れるものなら何でも売る拝金姿勢は、日常業務の軽視につながり、今回の騒動の遠因になったのではと疑われて当然だと思う。 ちなみにjpドメインは他と比べてずっと割高なまま。 コスト削減に十分な努力しているようにはまったく思えない。

王様の耳はロバの耳

トンデモ経済理論の本家は日本 日銀総裁は迷惑顔だが…:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4T6J6GM4TULZU012.html

 経済の言葉に、価格決定権とか市場支配力なんてのがあるが、強弁・抗弁力あるいはレッテル浸透力というものもあるのだろう。 黒田日銀総裁が管理された経済対策を執行していると如何に強調しようが、世界が「王様の耳はロバの耳ぃ~!」の叫びをあげ始めれば、自作自演(自国通貨を増やして自国債を買う)で盛られた日本円の価値など吹き飛んでしまいかねない。 「やれるもんならやってみよ」という強気姿勢に今までは誰も挑戦しなくても、ヘッジファンドは混乱の機会を虎視眈々と狙っている。 途上国の通貨防壁が破られたときに、勢いで日本も攻撃対象になる可能性はある。 日本はそうならないために、途上国とは通貨の緊急融資協定を結んでいるが、日本ごと空売りされたら他国を助けるどころではなくなる。 金属の性能評価に降伏点というのがあるが、ポキっと折れる限界のこと。 それと同様の通貨限界がどこにあるのか、もし見抜かれてしまったら、挑戦者が出るのは時間の問題。

2019年4月25日 (木)

LGBTの確率


LGBT「当てはまる」2・7%…大阪市民調査 : 国内 : 読売新聞オンライン
https://www.yomiuri.co.jp/national/20190425-OYT1T50285/

 まあ、妥当な結果だと思う。 他の国でも3~4%という結果が出ていて日本は少し低めの2%台になると言われてきたし、私の体感にも合致する。 それを踏まえると電通の調査はなんなんだと思ってしまう。 学術調査じゃないから正確性は無いのだろうけど、倍以上も実態と違ったら調査手法がおかしいと言わざるを得ない。

LGBTは全体の8.9%、前回より増えた理由は? 同性婚は78.4%が「賛成」(電通調査) | ハフポスト
https://www.huffingtonpost.jp/2019/01/10/lgbt-survey2018-dentsu_a_23639872/

 性同一性障害としてのLGBTは3%前後だとして、これ以外には雰囲気に流された無い物ねだりの思い込みも相当数がいると考えて当然だろう。 アンケートにノリで答えてしまったというレベルなのかも知れない。 性転換手術をしてからやはり元に戻したいなどと言い出すのがいるらしいから、単に本人の自己申告に任せて安易な診断をするようなことは、医師には避けて欲しいと思う。

2019年4月24日 (水)

急老化

池袋暴走「逮捕されない」本当の理由とは 弁護士が指摘する「あえてしない」可能性 : J-CAST
https://www.j-cast.com/2019/04/22355961.html?p=all

 高齢者の誤操作事故は珍しくもないので放っておこうかと思ったが、加害者が元エリート官僚なので騒がれている。 入院中は逮捕が延期されるのは常識。 しかし、私刑野郎どもの「上級国民だから逮捕されない?」という馬鹿げた煽りタイトルに釣られる阿呆は多いようで、この国のリーガルリテラシーの低さに嘆きたくもなる。

 この事故が注目をあびるのは、合理的な判断ができそうな人物が起こしたからだ。 自分の運転操作能力の衰えや現状把握について、高齢とは言え判断できるだろうと考えられていたが、今後は病気の有無にかかわらず一律の年齢で運転免許返納が強制されることになるのかも知れない。 その分岐点になりうる事故だった。

 高齢者は骨折や摂食障害などで急激に体力を落とすことが多い。 この事故の加害者も脚を悪くしていたという。 この急激的な老化現象を事前の医療診断では見抜けないのだろう。 ゲームとしてに気軽に行える判断能力診断を毎日実施したらよいのではないかと思う。 とにかく高齢者は、客観的な自己診断ができないものだということを前提としなければならない。

陸連の説明下手

マラソン大迫選手 陸連への〝苦言ツイッター〟 「そろそろ私物化やめた方がいい」 | 共同通信
https://this.kiji.is/493391993546245217
https://www.47news.jp/47reporters/3502365.html

 陸連の河野匡・長距離・マラソン・ディレクターは「誤解がある」としたが、誤解したのは選手なのか、間に立った陸連強化委員なのか。 説明しているその言葉でさらに別の誤解を呼び込んでしまいそうだ。 推薦制度があるのに、活用実績がないから採用しなかったというのも、ちょっと言い訳としてどうよと思うんだが。 そうではなく、すでに何らかの活躍で特異的な存在となった人物へのVIP枠だからおいそれと選ばれないと説明すりゃいいのにと思う。 強化が成功するかどうかのボーダーラインにいる選手用じゃないから、あてにするなってことでしょ。 変に期待をもたせるから、選手に不満が生じるんだと思う。

いじめ事件の風化画策

自殺生徒の献花台荒らされる 仙台、悪質ないたずらか | 共同通信
https://this.kiji.is/493384171915248737
https://www.47news.jp/news/3502260.html

 事件の関係者が、逆恨みで起こしているのであれば、許されることではない。 反省の仮面を剥いで素面での説明を求めたい。 また、事件を風化させたいと考えた地元民がしたことであれば、やり方が間違っている。 この地域の冷たさをメディア発信して迷惑この上ない。 仙台市は法やモラルよりも加害者側住民の憂さ晴らしが優先されるほど辺境の地なのだろうか。 事件解決後の再発対策の済んだ穏やかな日々の中で自然に忘れ去られていくのは仕方ないが、意図を持って無かったことに画策する人間の存在は、逆に事件がまだ終わっていないことを印象づけ、地域社会に疑心暗鬼を植え付ける。 犯人が特定できなくても地域住民ができることはあると思う。 絶対にこのような荒らし行為を認めないと宣言してみせることで、誰の味方なのかを誇示するのは有効だろう。 その程度のことができない地域社会には、後ろ向きで病的なものを感じる。

自己免疫疾患

岡村孝子さん、急性白血病で治療専念 公演は中止に:朝日新聞デジタル
https://www.asahi.com/articles/ASM4Q3QN8M4QUTFL002.html

 自己免疫疾患系の病の報道がまたされている。 統計的に増えているのかどうかはわからないが、報道ではよく目にするようになった。 今の時代、共感性と差別排除との間で社会分断が沸き起こっているが、人間の体へも精神状況から影響してしまうことがあるのだろうかと訝しんでしまう。 彼女の歌は元祖応援歌とも言えるほど、共感を大事にする。 だが、彼女の歌に癒やしを求めて集まってくる男性ファンの自己中には辟易する。 なぜ、身近な人を大事にしようって訴える歌手を応援しているのに、彼らは自分に当てはめようとしないのか、私はとても不思議に思う。 それと同様のことが岡村さんの身にも直接起こっているように感じるのは、深読みし過ぎだろうか。 過剰にモラル的であろうとしたストレスの結果、体細胞レベルで自分を嫌いになるということなんて考えは、我ながら非科学的だとは思うが。 いずれにしても何かのバランスが崩れているわけだが、スポーツ選手でも発症していることを考えると、それを突き止めることは難しい。 もしかするとIT技術を通して得た患者統計から、何らかの罹患傾向をつかめることがあるのかも知れないので、病理解明に期待したい。

«おひとり様国家創造の困難度

カウンター

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ