« ステレオタイプ | トップページ | 貴重本 »

2007年6月 9日 (土)

Ruby会議直前レポート

さぁて、いよいよ明日(ていうか今日)Ruby会議本番です。
1年で最大のイベントにかける人たちの熱意がものすごく伝わってきます。
今日は当日スタッフといっしょに設営準備(&前夜祭)です。

よくありがちなトラブルとして、プロジェクターへのVGAの出力があります。
今日のテストチェックでも、ディスプレイ切り替え機が電源を抜き差ししないと正常に機能しないというトラブルがありました。
ほかにも、音声ピンケーブルがノイズを拾ってどうしようもなくて、Phoneケーブルに差し替えたところ安定したとか。事前チェックは重要です。

今回は海外から6人を招待しての(国際的な)イベントとなります。
聴衆400人強なのでアメリカンスケールからすると少ないかもしれませんが、意義は大きいのです。
そのひとつに、JRuby1.0リリースの発表があります(本当はここでこんなこと書いていいのかわからんけど、一応当日だしー、CVSにあがってるので知っている人は知っているし~みたいなw)。

MSに対抗意識を燃やしているSunが、本気でサポートに乗り出したのがJRubyです。
中間言語に翻訳して高速実行するのがC言語で作られたYARV(ヤルブ)だとすれば、.jarファイルに翻訳して高速実行するのがJavaで作られたJRubyです。

両環境の開発ツールの違いを簡単に言えば

.javaソース→(Java)→.jar→(Java-VM)
.rbスクリプト→(JRuby)→.jar→(Java-VM)

.rbスクリプト→Ruby1.8
.rbスクリプト→Ruby1.9{(YARV-Compiler)→YARV命令列→(YARV-VM)}

ちなみにこういうのもある
.rbスクリプト→Ruby1.9{(YARV-Compiler)→YARV命令列→(AOT-Compiler)}→.c→(C-Compiler)→.exe

詳しく紹介したいところですが、前夜祭の飲みが廻っていますので、この辺でお開きにしたいと思います(^^;
ちなみに、職場からは私の知らないうちに3人ほどチケット買って参加するそうです。
彼らは仕事がらというより、自己啓発的にイベントに参加するようです。
当日はスタッフTシャツ着て見せてちょっと驚かせようかと思っています(´▽`

« ステレオタイプ | トップページ | 貴重本 »

LL・Webプログラミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1414674/36859193

この記事へのトラックバック一覧です: Ruby会議直前レポート:

« ステレオタイプ | トップページ | 貴重本 »

カウンター

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ