« 男鹿和雄展 | トップページ | ゴミ常駐 »

2007年9月29日 (土)

ステップアップトランス

070929_stepuptrans 私のメインPCのマザーボード(M/B)は、ASUSTekの‘N4L-VM DH'です。静音性にこだわって、モバイル用CPUが使えるこのM/Bを選びました。ところが、この手のIntel Socket479系はグラフィックボードやOSとの相性がかなりうるさく私もこれに悩まされ続けました。
OSはVistaでグラボのGPUはGeforce7600なのですが、だいたい3~4時間使えば1回は落ちるというぐらい頻繁なのです。マウス操作がらみでスクロール時にフリーズするパターンが多いです。他には、いきなりスコーッンとブラックアウトして再起動がかかるとかですね。

で、とうとう先日稼働8ヶ月にしてグラボを外してしまい、M/BのChipsetに標準で搭載されているビデオ出力機能を使うことにしました。これなら相性の問題はもう発生しないだろうと思いきや…今度は、電子レンジなどの生活家電から発生するノイズにより誤動作するようになってしまいました。

PCの電源の安定性があまりよくないせいだとは思うのですが、まだ使えるのに捨てるのももったいないなぁということで、UPSとか何か手だてはないかと考えた末、ステップアップトランスを取り付けることにしました。UPSはでかいし重いし大きいし高いし耐久持たないしと、安定させるだけの目的だと割に合いませんので候補から除外。

秋葉原のガード下で耐圧600VA(だいたい360Wぐらい)のトランス(100V→117V)を4515円で購入。耐圧が心配だったので、ワットメーターも隣の店で購入。家に帰ってから計ってみたら、起動時で70Wぐらい、アイドリング時で55W、動画再生で60Wしかありませんでした。さすがは我が低発熱(静音)マシン。全然360Wで余裕ですね(^^
低すぎて周りの干渉を受けやすくなっちゃったのかも。

今のところ、大丈夫っぽいのですがしばらく様子を見ることにします。

« 男鹿和雄展 | トップページ | ゴミ常駐 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ステップアップトランス:

« 男鹿和雄展 | トップページ | ゴミ常駐 »