« バックアップHDDの整理 | トップページ | 質問掲示板 »

2009年1月14日 (水)

デジタル放送の普及を阻害するARIB

デジタル放送をD4(1280x720)やSXGA(1280x1024)のアナログディスプレイで表示できないのはARIB(社団法人 電波産業会)が、デジタル放送のアナログ出力解像度は52万画素以下での表示を義務づけているから。

これではデジタルチューナーでも960x540もしくは800x600という半端な解像度までしか利用できない。最も普及した液晶アナログディスプレイはSXGA(1280x1024)であるから、せめて100万画素まで認めてくれなければ 1280x720(93万画素)をクリアできない。

デジタル放送の普及を速やかに行うなら、この緩和が必要なのではないか?
いくらHDMI(HDCP対応)液晶ディスプレイが低価格化したといっても、まだ使用できるアナログディスプレイを買い換えることに抵抗を感じる人は、かなり多いはずである。デジタルコンテンツを本気で収集しようとしている人は、フルHD(1920x1080、1440x1080) にしか興味を持たないはずだから違法行為の助長は普及の恩恵にくらべれば微々たる物だと思うのだが。

« バックアップHDDの整理 | トップページ | 質問掲示板 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デジタル放送の普及を阻害するARIB:

« バックアップHDDの整理 | トップページ | 質問掲示板 »