« セキュリティ | トップページ | 冤罪 »

2009年5月 8日 (金)

MRI

「NRI」は、野村総合研究所。「FRI」は富士通総研。「JRI」は日本総研。

では「MRI」は?

なんてのに、ひっかかる人はいるだろうカニ。

かなり昔から、年数回の頭痛がある。
動脈瘤でもあるのか、それともウィルス脳炎とかなのか、気になって
激しい運動を控えるいいい訳にしてきたのである。

それが今年はGW中にやってきた。
我慢できないほどじゃないが、始まると2~3日続くので憂鬱になる。
痛みも退いてきた昨日になって、とうとう脳外科のある病院に行ってきた。
今日はもらった紹介状を持参して、スキャニングセンターで
MRI(核磁気共鳴画像法 magnetic resonance imaging)を受けてきた。

体験するのは、初めてで少し興奮気味w
バイブレーター付きの電子ブザーのようなものすごい動作音がする。
ヘリコプターのパイロットがするようなヘッドフォンからは「子犬のワルツ」…(´ヮ`)
が流れていたけど、まともに聞こえないときがあるほど、うるさい。
そぉ~~っと唾も飲み込むようにして20分ぐらい横たわっていた。

人によっては脳裏に光が見えるというらしいが、それはなかった。
微弱な電流が体表をぞわぞわと流れるような感覚と
ヘッドフォンが締まったり緩んだりする感覚が数回あったぐらいか。

断層写真を返されて料金を払ってあっけなく終わり。
任意の脳ドックだと結構するらしいが、頭痛という健保の効く理由が
あるので1万円以下で済む。

かかりつけの病院に戻って、写真を診断してもらったが、とくに異常なし。
絶対何かあると思っていたので、なんだか拍子抜け…
来週届く3次元の撮影結果を待ってから、もう一度診断するのだが、
たぶん何もなさげ。

もう、運動するしかないなw

« セキュリティ | トップページ | 冤罪 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: MRI:

« セキュリティ | トップページ | 冤罪 »