« デスクトップ整理 | トップページ | 液晶ディスプレイが安すぎる »

2009年6月 2日 (火)

リテラシー

国税局による船井電機の税務調査に関する産経の記事(2008.6.16)にミスを見つけた。
ちなみに日付は古いが、追徴課税となった原因について日経(2006.1.26)の方が正しい。

誤:
「製造業を営んでいる実態がある」と現地で納税していたが、
同国税局は「製造設備がなく実態がない」として、同税制の適用除外にはならないと判断。

正:
「卸売業を営んでいる実態がある」と現地で納税していたが、
同国税局は「製造委託の判断(事業の管理支配)を子会社自ら行っていない」として、同税制の適用除外にはならないと判断。

たぶん単純な勘違いなのだろう。新聞記事を鵜呑みにはできない。
“リテラシー”ってつじつまが合わないと感じたら、ちょっと調べてみるで取りあえず十分。
「何でも裏があると踏んで隠された意図を疑うべき」とかそこまで身構える必要はないだろう。

記事内容の調査中に、やみくもな批判や必要以上の不安を煽っているバカどもを多く見かけた。
正確な知識を掘り下げず、ディベート技術だけ磨いて、何の意味があるかと思う。

« デスクトップ整理 | トップページ | 液晶ディスプレイが安すぎる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リテラシー:

« デスクトップ整理 | トップページ | 液晶ディスプレイが安すぎる »