« 何かの犠牲なしで信用できないのか | トップページ | 今PC買うやつぁ気が知れねぇ »

2009年10月28日 (水)

またもや冤罪か

飯塚事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A3%AF%E5%A1%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6

警察というものを信用しすぎだろう。
そして一旦被疑者のレッテルを貼られたものへの傲慢な侮蔑の情さえ感じられる。

最高裁第二小法廷の滝井繁男裁判長
麻生太郎内閣の森英介法務大臣

名だたる大学を卒業して、職歴を経て、世の長となったとしても
無実の人を合法的に殺しにした人間が知らん顔して生きているのはどういうものだろう。
まさか、推定犯人をのさばらしておく位なら、冤罪を生んだ方が安上がりと思っているのか?
善意の殺人なら許されるのか?

« 何かの犠牲なしで信用できないのか | トップページ | 今PC買うやつぁ気が知れねぇ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: またもや冤罪か:

« 何かの犠牲なしで信用できないのか | トップページ | 今PC買うやつぁ気が知れねぇ »