« ST9500420AS | トップページ | 菅家さんの罪 »

2010年1月 4日 (月)

のさばる間違い情報

ネットの情報って信頼がおけない。掲載した本人は、親切でやっているつもりなのだろうが、ほんとうにいい加減なネタがのさばっている。

何を怒っているのかというと、XP のあとから Debian Lenny を入れた際にトラブルが発生。
気を付けて GRUBをPBRに入れたつもりだったのだが、Debian のパーティションをアクティブにしたせいか、NTLDRが働かない。
で、XP のパーティションをDebianのFDISKで、アクティブにしたら、今度は起動時に"Invalid partition table"が出て起動できない。

Webサイト参考に、FIXMBRとかFIXBOOTしてみたり、修復コンソールや修復セットアップをしてもダメだった。
実は、これらの行為はどんどん状況を悪化させていっただけだとあとでわかった。

"Invalid partition table"というのは、アクティブパーティションが複数ある場合にも出るエラーらしいのだ。
それなら、不具合が出た段階で1つにすればうまく起動できたかもしれない。
にもかかわらず、自称解説サイトもどきには、ブートレコード直せとか、復旧不可能だからあきらめろとか、パーティションを切り直しするしかないとか、高難度のDisk Probeを解説したりとか……

「知らないなら、ワケ知った風に書くな」と言いたい。
このような呪われた文章をこの世から抹殺したくても、こういうやつに限って間違いの指摘を受付るようになっていなかったりする。

新年早々、余計な手間をかけさせられ、腹の虫が収まらない。

« ST9500420AS | トップページ | 菅家さんの罪 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: のさばる間違い情報:

« ST9500420AS | トップページ | 菅家さんの罪 »