« 情報格差 | トップページ | 怒鳴る »

2010年6月 3日 (木)

鳩山首相退陣に思う

ああ、とうとうこうなっちゃったかという感じ。期待をさせすぎたんだと思う。率直な人だから出たとこ勝負みたいな行動が、人の目には軽く映っちゃったんだろうなと思います。

まず、金の件に関しては騒ぎすぎでしょう。いわゆるワイロじゃないんだから、その責任の度合いからいって、国民は潔癖を求めすぎ。

普天間については、他の政治家や政党が取り組んだところで、結果は似たようなものにしかならない。自民党なんか現行案以上の何も代案を出していない。むしろ民主党は問題を大きくしてくれたおかげで、沖縄の負担を全国に知れ渡らせたと考えることはできます。

沖縄の人に問いたい。あなた方も日本人でしょう。
冷静に考えれば現時点で基地の必要性は理解できるはずなんだから、政治家への期待が過大だったのは自分たちの失敗と言えませんか。嘘つき呼ばわりして引きずりおろした結果、元の現行案になってしまえば最悪です。このまま オール オア ナッシング でやり続けるのですか?

« 情報格差 | トップページ | 怒鳴る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相退陣に思う:

« 情報格差 | トップページ | 怒鳴る »