« 仮想ディスクとSSD | トップページ | 不良老年 »

2010年7月19日 (月)

厳罰報道

何かちょっとした過ちを犯した個人に対して、その生命を絶つような報道は許されるのか。

スカイマーク:元副操縦士再雇用 操縦室で記念撮影し解雇
http://mainichi.jp/select/biz/news/20100718k0000m020020000c.html

雇用状況の厳しい中、反省している人を再雇用したとて問題なかろう。 大新聞社が個人を執拗に追い回して、その息の根を止める行為というのは、何とも醜悪そのものだ。

以前にも書いたが、仕事とはいえアソビがない環境ではモチベーションの低下を招く。 度が過ぎる職務専念義務は、昨今の‘リア充’憎し風潮に乗った当てつけではないか。

« 仮想ディスクとSSD | トップページ | 不良老年 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 厳罰報道:

« 仮想ディスクとSSD | トップページ | 不良老年 »