« 人道支援の効果 | トップページ | デジタルコンテンツと相続 »

2010年9月 2日 (木)

海外ドキュメンタリー映画

ハリウッド映画にはドキュメンタリーがここにはある。

「松嶋×町山 未公開映画祭」公式サイト
http://www.mikoukai.net/

以下に8本を選んでみる。

ジーザス・キャンプ~アメリカを動かすキリスト教原理主義~
http://www.mikoukai.net/001_jesus_camp.html
原 理主義といえばイスラム教が思い浮かぶかも知れないが、キリスト教にもある。それが福音派と呼ばれるプロテスタントだ。宗教革命以降、先導を失った彼らは 思い思いに聖書を解釈し始める。そしてそれを頑なに実行しようとする。見ての通り、子どもが神懸かりになるのを喜ぶ牧師には反吐が出る。

フロム・イーブル~バチカンを震撼させた悪魔の神父~
http://www.mikoukai.net/004_deliver_us_from_evil.html
日本では、カトリックを殉教の宗教としてもてはやす傾向にある。しかし彼らの組織は非常に閉鎖的で不祥事があれば隠蔽し、神の名の下に嘘をつく。魔女狩りや免罪符の時代から何も変わってやしない。

ステロイド合衆国~スポーツ大国の副作用~
http://www.mikoukai.net/005_bigger_stronger_faster.html
肉体美だと言って筋肉を誇示する芸術自体が問題ではないのか。スポーツもプロスポーツとなれば、生活感覚が失われ一般人には参考にならない肉体改造が施される。薬物に限った問題ではないだろう。

クルード~アマゾンの原油流出パニック~
http://www.mikoukai.net/009_crude.html
「原告は科学的証明を何も行っていない」というセリフ、地球温暖化でも聞く言い回しだ。統計を取っている間に原状回復不可能なな状況に追い込まれる。法律を歪める金の力は過去の話ではない。

ウォルマート~世界最大のスーパー、その闇~
http://www.mikoukai.net/017_walmart.html
日本でも、ウォルマートに買収された西友の変わり様はすごいモノがある。
従業員はパートのおばさんから、中年のおじさん(転籍されてきた正社員か)へと変貌していた。確かに価格は安いが、その代わり何かを失ったようだ。

イエスのショッピング~買い物やめろ教会の伝道~
http://www.mikoukai.net/019_what_would_jesus_buy.html
宗教を持ち出さなくてはならないほど、アメリカは購買中毒に犯されている。身の丈を知ることと質素をデフォルトに持ってくることが肝要かと。

アンダー・ザ・スキン~ライム病との戦い~
http://www.mikoukai.net/038_under_our_skin.html
最近感染症を引き起こす北米産のカビ(クリプトコッカス・ガッティ)やらダニ(シュルツェマダニ)が輸入されているという。

カジノ・ジャック~史上最悪のロビイスト~
http://www.mikoukai.net/039_casino_jack_and.html
先住民居留地でのカジノは巨大産業だともてはやす一方で、実は先住民の財産を奪うために仕組まれたということは衝撃だ。
日本でも娯楽のない地方都市にパチンコ屋ができているが、金貸し屋を開けば土地が転がり込んでくるという算段だ。

« 人道支援の効果 | トップページ | デジタルコンテンツと相続 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海外ドキュメンタリー映画:

« 人道支援の効果 | トップページ | デジタルコンテンツと相続 »