« エクセルの表示形式が勝手に変更される | トップページ | 指南書詐欺 »

2010年10月 2日 (土)

声高に日本を批判をしているのは誰か

「憤青を日本に輸出しててワロタ」──尖閣問題、中国ネットユーザーの反応は
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1010/01/news084.html

この記事を読んで、少しは安心したよ。
つまり、日本を声高に批判しているのは、中国全体というより、比較的若い人が多いネットユーザー(憤青)であるということらしい。
やはり、相手の国の言葉がわかって、実情を調べられる人がいると助かる。

一方、日本側はネットユーザーはもとより新聞各社が中国の過剰行動を批判している。
今回の事件による反感度上昇は、実は日本側が大きいわけだ。
中国指導部内にいる反日活動家による騒ぎ立てが、無駄に中国を危険視させる結果になったと言える。

中国、尖閣も「核心的利益」に=台湾・チベットと同列-香港紙
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201010/2010100200263&rel=y&g=pol

今年になってから用意した領土の仕掛けが発動したということらしい。 ならば、日本はチベットや台湾も中国の一部とは認めず、彼らの独立を支援してもよいだろう。

「反日デモはマスゲーム」中国有名作家が「愛国」に一石
http://www.asahi.com/international/update/1016/TKY201010160149.html

ネットでさえ、次から次へと闇に葬られる。 知らぬは、中国人ばかりなり。

« エクセルの表示形式が勝手に変更される | トップページ | 指南書詐欺 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 声高に日本を批判をしているのは誰か:

« エクセルの表示形式が勝手に変更される | トップページ | 指南書詐欺 »