« 凡ミスの責任 | トップページ | 東京⇔秋田 »

2010年11月30日 (火)

T-ZONEが消える日

T-ZONEの営業権が譲渡、ドスパラの店舗として再出発
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101129-00000055-impress-sci

うちの地元にも一時店舗を構えたけど、1年ともたなかったような記憶が。 ツクモも似たような状況でした。 今、世間の関心はスマホにあるんで、秋葉原じゃ潤わないんだろうねぇ。 T-ZONEの法人営業部はもともとCSKのハードウェア調達部門だったんだけど

CSK,「T・ZONE」を投資会社に売却へ
http://www.itmedia.co.jp/news/bursts/0112/21/05.html

コンシューマー相手だけになって経営に波が出てしまったんでしょうか。 ここが消えるのは「高速電脳」閉店以来の感慨深いものがあります。 秋葉原が本来の電気街として生き残れず、サブカルチャーで儲けを出すしかないのは、なんだかなぁって感じです。

« 凡ミスの責任 | トップページ | 東京⇔秋田 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: T-ZONEが消える日:

« 凡ミスの責任 | トップページ | 東京⇔秋田 »