« 大きすぎるけど余裕のない自負 | トップページ | Firefox4のクリティカルバグ »

2011年5月13日 (金)

東電の債権放棄

まあ、債権といっても返済義務のある社債には政府も手を付けないだろう。 問題は株式。 やはり、株主責任というものが問われるのは、仕方がない。 もともと東電から安定株主になることを要請されて株主になったにせよ、監視責任を果たさなくてもよいことにはならない。 ただ、大株主の銀行だけに要請すべきことなのかどうかは疑問。 銀行だけにとどまらないとなると、全体的に責任を課す減資とならざるを得ない。 そうなると、当然、銀行以外の株主が黙ってはいない。 銀行vs銀行以外の株主という構図になる。 はたして、どちらの勢力が勝るのか、こりゃ見物である。

« 大きすぎるけど余裕のない自負 | トップページ | Firefox4のクリティカルバグ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東電の債権放棄:

« 大きすぎるけど余裕のない自負 | トップページ | Firefox4のクリティカルバグ »