« 悲観報道と集団政治と挑戦なき財界 | トップページ | 開発の依頼先の選び方 »

2011年7月15日 (金)

汚染水処理の新技術

放射性物質の汚染水、浄化に藻類活用 カネカなど粉末剤
http://www.nikkei.com/news/headline/article/g=96958A9C889DE1E0E0E0E0E5E3E2E3E6E2E5E0E2E3E38698E0E2E2E2

生物濃縮を逆手に取って集めてしまえというものらしい。

放射能汚染水、速く安く浄化 鉱山の技術応用 京大
http://www.asahi.com/national/update/0708/OSK201107080148.html

こっちと併せて行えば、かなりいい感じではないだろうか。

汚染水の処理も長丁場になるだろうから、数年先も見越して改善して行かないとね。 事故が起こらなければ、こういった技術も埋もれていただろうなと思うと少し複雑な気持ちはする。

« 悲観報道と集団政治と挑戦なき財界 | トップページ | 開発の依頼先の選び方 »

科学・研究」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 汚染水処理の新技術:

« 悲観報道と集団政治と挑戦なき財界 | トップページ | 開発の依頼先の選び方 »