« ゴロツキジャーナリスト塩谷喜雄 | トップページ | 目撃者証言の信用性 »

2011年10月 6日 (木)

ネガティブアナリスト

「iPhone5」に跳べなかったアップル 立ちはだかる互換性の壁
http://www.nikkei.com/tech/personal/article/g=96958A9C93819499E2E7E2E0948DE2E7E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

 え? 互換性を越えた何を期待してたの? 画面サイズが小さいって? 他社スマホはアスペクト比が縦長なだけでしょ。 むしろ、せっかくの高精細なディスプレイをこれ以上でかくして欲しくないんですが。 個人的にアンテナ問題を引きずっていないかだけ気になるけど、それ以外大幅に全面改良されているではないか。
 何をして欲しいのかわかりもせずに、iPhone5でなかった・発表したのがジョブズでなかったというだけで、不満たらたらの記事ばかり。 景気の足を引っぱっているのはおまえらだろう。
 KDDI機への期待どころも、ガラケーの機能をどれだけもたせられるか云々書いているが、そこじゃないだろ。 パケ死防止のためのフラット料金プランがいくらになるのかが一番知りたいところなのに。 現状、ソフトバンクとauでは価格差がかなりあり、さらにソフトバンクが ULTRA SPEED に対応させてくるなら、auは WiMAX併用じゃないと太刀打ちできない。 どうせSIMロック機ならそのぐらいはカスタマイズして欲しいものだ。

>>追記

iPhone4S:ソフトバンクは下り最大14.4Mbps、auは3.1Mbps
http://mainichi.jp/select/biz/it/news/20111005mog00m020015000c.html

ジョブスの弔い購入があったとしても、auのこれは厳しい。 iPhoneでさえあれば売れると思っているなら、一度、大損こいてみるとよい。 逆にソフトバンクは、敵失のおかげで通信料を下げることなく、投資をインフラに廻せることになるのかな。

« ゴロツキジャーナリスト塩谷喜雄 | トップページ | 目撃者証言の信用性 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴロツキジャーナリスト塩谷喜雄 | トップページ | 目撃者証言の信用性 »