« 連続放火のニオイ | トップページ | まがいものの民主主義 »

2012年2月18日 (土)

Apple孤高の保護技術

iPhoneやiPadと一体感 新MacOSが示す新次元
http://www.nikkei.com/tech/personal/article/g=96958A9C93819499E3E4E2E3958DE3E4E2E0E0E2E3E0E2E2E2E2E2E2

 「OS X Mountainlion」は情報共有OSというべきか。 ネット連携アプリ満載のOSというだけなのだが……。 これらのコンテンツ(アプリ)はOffice同様で使ってなんぼのもの。 陳腐化する前に使いこなさないといけない。 次のバージョンではまた様変わりするだろうからねぇ。
 ひとつ気になっているのが「AirPlay Mirroring」。 Mac以外のPCだと、WiDiやWHDIといった規格を策定して、著作権保護(HDCP対応)させている。 これに対して、OS X は Apple TV なわけだが、これは既存Wi-Fi通信上にApple独自のストリーミング技術を載せたもの。 Appleの知名度を活かして、コンテンツホルダーに著作権保護の太鼓判を得られれば、WiDiやWHDIのようなライセンス料を支払うことなく機器のコストを下げられる。 Apple は、独自技術で孤高を貫く代わりにセキュリティを安価に手に入れていることになる。 生中継やストリーミングにおいて、またしても Appleに出し抜かれて、リードを取られることになるのかも。

« 連続放火のニオイ | トップページ | まがいものの民主主義 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 連続放火のニオイ | トップページ | まがいものの民主主義 »