« Cedarview | トップページ | FRONTLINE: Inside Japan's Nuclear Meltdown »

2012年3月 7日 (水)

平和の敵は寡黙

中国軍高官、ガス田共同開発「認めぬ」
http://www.asahi.com/politics/update/0307/TKY201203060865.html

 今の中国は守銭奴だから、EEZも歴史もなにもかも動員圧力で塗り替えてしまうつもりだろう。 列強相手に常に困窮していた戦前の日本と何も変わらない。 中国にとって日本の敗戦原因は、隣国への干渉そのものではなく米国との兵力差だと考えている。 だから平気で同じ路線をとれる。
 おそらくは第三次世界大戦の主役になるだろう。 それに対して、日本は九条の理念を体を張って示せるのかどうかだ。 九条を「守る」というのは、なんというか、その時点ですでに負けているようなもの。 九条を輸出するぐらいの気構えがほしい。 そのためには、とにかく相手としゃべりまくるしかない。

« Cedarview | トップページ | FRONTLINE: Inside Japan's Nuclear Meltdown »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Cedarview | トップページ | FRONTLINE: Inside Japan's Nuclear Meltdown »