« Yamaha THR | トップページ | 2chの2chみたいなもの »

2012年6月 2日 (土)

共食い

人肉食イベント?:杉並保健所が調査を開始
http://mainichi.jp/select/news/20120602k0000m040102000c.html

 そもそも、法に触れなければ何をしてもよいという考え方がおかしい。 法の方が間違っているという結論は往々にしてあることだ。 だからこそ、法律以上に高い倫理観を持とうとみな努力する。 その倫理観に挑戦することが芸術の定義だとでもいうつもりなのだろうか? その味を知ったところで、誰がどう幸せになれると? 共食いの畜生道・餓鬼道というのは、死して逝く先にあるのではなく、現世にあるのだと痛感する。

>> 追記

 自身を無性差にしたくて行った手術が思いの外高くついて、その費用回収の為のイベントだという。 このどこに芸術的な目的があるのであろうか。 前衛的と言われるこの人の作品も、よく見れば他人の作品のパーツの寄せ集めやゲームや宗教からの借り物である。 イメージを昇華させた形にできずに混沌とした彼の絵は心情同様なのであろう。

« Yamaha THR | トップページ | 2chの2chみたいなもの »

教育・道徳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Yamaha THR | トップページ | 2chの2chみたいなもの »