« 裁判官にイエローカードを | トップページ | 謝って済んじゃう監督業 »

2012年6月19日 (火)

低計算量コーディング

スマートフォンのバッテリーの減りが早い原因はバグだらけのアプリ
http://gigazine.net/news/20120619-buggy-apps-killing-your-smartphone-battery/

 これからのプログラミングスキルの重要項目は、「低計算量」だろうねぇ。 より単純明快で結果導出時間が短いコードが書けるかどうかということだ(短時間=低発熱とは限らないが一般的には同一視できる)。 これは単にバグがないってことだけじゃないし、何よりもコードの量では推し量れない。 いい加減、ステップカウンタ使った目方でドン的な見積もりや開発進捗評価はやめるべきだ。 そもそも、ステップ数で納得してしまう発注元なんぞはもの知らずの極地だから、ある意味カモられるわけなんだけど……。 詐欺師に喜んで金をあげるバカに説明するだけ疲れるので無視したいところだが、それが情報技術未熟社会の大勢を占める現状だから、困りものなのだ。

« 裁判官にイエローカードを | トップページ | 謝って済んじゃう監督業 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 裁判官にイエローカードを | トップページ | 謝って済んじゃう監督業 »