« 小選挙区制度 | トップページ | blatte-rosse »

2012年7月11日 (水)

まとめサイト、晒しサイト

 実名晒しの是非はさておき、最低限名前を間違えたり、顔を取り違えたりして欲しくないものだ。 多くのサイトでも紹介されているから間違いないだろうとして引用するのは危険すぎる。 それが名前や顔写真であれば取り返しがつかない。

 例えば、大津のいじめ事件
いじめた加害者は3人だが、他にも同級生の名前があげられ、いつの間にか加害者と断定されるに至っている。 最初は付けられていたはずの疑問符が引用途中で落っこちているというわけだ。 こういうのを思い込みで引用している輩というのは、人目を引こうと網羅的なリストや図を作るものの面倒くさがり屋で更新管理しない。 しかも、コメント一切を拒否設定にしていたり、連絡先を一切掲示していないから、たちが悪い。 ちなみに本件に限っても、加害者の親や親族、校長、そして被害者の名前さえ間違っているのを見かけている。

 他にも、朝霞の児童虐待死事件
犯人である親の名前「草川彩夏」でググってみるとトップに出てくる画像は、実は赤の他人だ(別の事件の犯人である元宝塚女優と取り違えている)。 これを掲載したブログもコメント一切を拒否設定にしていて教えようがない。 「nice!」「いいね」等の評価ボタンだけは設置している。 カウントされていることから、いかに不用意な拡散が行われているかがわかる。

 社会の迷惑なわけだが、システム提供会社に掲載をやめるように伝えても事件当事者ではないので無駄というのが現状である(明らかな誤情報を一掃できる法律が欲しいとは思うのだが....)。 こういうのが、ネット上にどんどん蓄積・放置されている。 ネット上では多数意見というだけではバイアス(偏見)を否定できないということが、わかってもらえるだろうか。 引用ミスをするところに割と共通するのが、政治・宗教について偏見をもっており、無関係であっても事件にこじつけたがっているということ。 近寄らないに越したことはない。

>> 追記

 教委って自民党政権下で君が代の強制などの指示に従ったのが、未だに留任しているはずです。 ほとんどの教委長は元校長なのですから。 こういう事件のときだけ教委を民主党支持者に含めて批判するネットウヨって一体何なのでしょうかねぇ。 こんなのに振り回されていると、イジメの真実なんて見えてきません。

>> 追記

いじめた生徒の親族?ネットに偽情報で被害深刻
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120718-OYT1T00756.htm

 だから言わんこっちゃない。 よほどの確証がない限り固有名詞を出すものじゃないだろ。 続柄や役職名でさえ載せるかどうかは慎重にするべきでしょ。 興味本位と同レベルの支援者気取りでは、余計な迷惑がかかることの方が多い。 大概の事件では必ず二面性があることを踏まえて、「引き際」や「落としどころ」というものを常に描いて、やり過ぎを防ぐものだ。 社会的制裁を受けているとして減刑されては、追求も無駄になる。

>> 追記

「いじめ」ゆがんだ糾弾 ネット書き込み過熱、別人標的
http://www.asahi.com/national/update/0723/OSK201207220106.html

 何かしてあげたいという気持ちが全部空回りだね。 いじめ問題やさまざまな社会問題で、安易に陰謀論に飛びつく人は、自身の心の弱さが関係していることを知らないんでしょう。 人間不信者の一部がいつまでも社会で活躍できないのは、その激情が客観性を妨げているせいだし、卑屈な状態の自分をそのまま受け入れるものにしか価値を認めないから。 感情の袋小路といってもよいかもしれない。 嫌なことがあっても一旦棚上げにする心のゆとりがないため、情報の取捨選択においても、別ルートからの検証が遅れて誤判断を招いている。 物事を基本的に信用するしないの二択で捉えるような人は要注意ですよ。

« 小選挙区制度 | トップページ | blatte-rosse »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小選挙区制度 | トップページ | blatte-rosse »