« ネット検索される情報の質 | トップページ | 軽い絶対 »

2012年7月 1日 (日)

モノ依存

ペンは剣なり? 米国製筆記用具、輸入差し止め
http://www.asahi.com/national/update/0701/NGY201206300053.html

 このペンで犯罪を防ぐという大義名分だが、犯罪に使われるリスクの方が大きいとは考えないのか? アメリカの銃犯罪が問題化する中でも銃規制が進まないことに気をよくした武器メーカーが、同じ理屈で商売の裾野を広げようとしている。 そんなのは看過してなるまい。
 護身武器は我が身ひとつでよい。 見た目から割とすぐにわかるので抑止効果を生むし、一石二鳥に身につかないことが返って日常下での信頼につながる。 小道具に頼るより、よっぽど健全。
 それでもどうしてもというのであれば、とっさに機転を利かせられる心の余裕の方が大事だろう。 丈夫なヒモ1本もあれば、事足りる。 「MASTERキートン」でも読んでみるとよい。

銃器メーカーの護身用ボールペン「タクティカルペン」の威力を試してみた
http://gigazine.net/news/20120331-tactical-pen/
銃器メーカーが作った「護身用ペン」
http://wired.jp/2012/03/23/smith-wesson-tactical-pen/
スミス&ウェッソン製のタクティカルペン「TORPEDO」
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/todays_goods/20100610_373233.html

« ネット検索される情報の質 | トップページ | 軽い絶対 »

道具」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ネット検索される情報の質 | トップページ | 軽い絶対 »