« 内道と外道 | トップページ | 刑務所と病院の中間 »

2012年7月30日 (月)

文字化けニュース記事

海老沼が再判定の末準決勝へ、柔道男子66キロ級 (AFP=時事)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120729-00000033-jij_afp-spo

 久しぶりに文字化け記事を見かけた。 柔道の海老沼選手の対戦相手チョ・ジュンホ(韓国)の漢字表記名の表示に失敗している。 最近は文字コードの凡ミスが少なくなってきたが、ちゃんと校正しないとこうなる。 日本の新聞各社ならばおそらく出稿前にチェックツールを通しているだろう。 原因は、IBM拡張外字という機種依存文字を使用したせいである。 配信元のAFPBBではunicodeを使用しているので表示に問題ないが、記事を受け取ったYahoo!Japan側がEUCなのに適切に対処していない(この件に限らないが、Yahooはどこか抜けたところがある会社というのはホントのことである)。 スタンドアローン(ローカル)上の文書ではShiftJIS(S-JIS)が未だに多いので、JIS第一水準第二水準から外れる文字は別の字「曹」に置き換えて使用しなければならない。 または外字を使用せず、「恵の心を日に」「専の寸が日」などと言い換える。 中にはカタカナ表記だけにする新聞もある。

元記事
海老沼が再判定の末準決勝へ、柔道男子66キロ級
http://www.afpbb.com/article/london2012/london2012-judo/2892179/9308751

« 内道と外道 | トップページ | 刑務所と病院の中間 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 内道と外道 | トップページ | 刑務所と病院の中間 »