« 本心は最初から砲艦外交 | トップページ | イスラムが信用できない5理由 »

2012年9月14日 (金)

OCNメールを遮断

」「Blue Price」という業者名で(複数バージョンの可能性あり)、スパムメールを送りつけてくる。 これらはOCNのファミリーメール(他社ではセカンドメールアドレスとかプラスメールアドレスサービスと呼ばれている)というプロバイダが提供する追加メールアドレスサービスを利用している。 通常のスパムは送り元ドメインを偽装したり、怪しい海外の独自ドメインを使うのでフィルタではじくことが可能だが、このスパムの場合

@ceres.ocn.ne.jp
@eagle.ocn.ne.jp
@silk.ocn.ne.jp

といったサブドメインを変更して送りつけてくる(@より前のアカウント名部分は適当)。 これはプロバイダの信用力を利用してフィルタを回避していることに他ならない。 つまり、プロバイダ(OCN)がスパム対策を怠けていなければ拡大するはずのないものである。 このような業者を許すOCNは、今や信用するに当たらないため、今回まとめて遮断するに至った。
 OCNは、NTT Communications が運営するプロバイダで、以前に強引なマイライン勧誘で嫌な思いをしているのだが、今回の件でもはや地に落ちた。 NTT東西の光回線(フレッツ)を使うのにプロバイダとしてここを優先して契約するメリットはない。 他の事業では存続価値があるのだろうが、プロバイダ事業については携帯会社の煽りを受けてガタガタなのであろう。 有線回線の有効利用を考案できないただの販社の立場では、社員の士気も高くないことは容易に想像できる。

« 本心は最初から砲艦外交 | トップページ | イスラムが信用できない5理由 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本心は最初から砲艦外交 | トップページ | イスラムが信用できない5理由 »