« いじめ自殺防止で学校と親がすべきこと | トップページ | 撒娇的孩子(だだっ子) »

2012年10月11日 (木)

アメリカンドリーム?

ソフトバンク、米携帯電話3位を買収へ 総額1.5兆円
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110IX_R11C12A0000000/

1981:PCソフト卸業
→1982:出版社
→1996:ポータルサイト(Yahoo!Japan)
→2001:ADSL事業者(ソフトバンクBB)
→2004:電話事業者(日本テレコム買収)
→2006:携帯電話事業者(英Vodafone日本法人買収)
→2013:米携帯電話事業者(米スプリント・ネクステル買収)?

 背伸び(トップ買収)はしないけど、商機は逃さない。 客離れの手遅れになる前に判断とは理にかなってるねぇ。 ソフバンは会社やグループ自体の確立度が低い未完成企業(無茶苦茶たたかれることあるし)だけど、精神的勢いだけはどこよりも負けていないかな。  「満つれば欠ける」から一生涯ver.2.0β思考のままなのかも。
 携帯事業さえ、いつまでメインで続けるのかわからんような変わり身の早さがあるので、どこまで行くのか楽しみです。 まさかとは思うけど、将来Apple買収とか……ね ┐(´ー`)┌

>> 追記

 相乗効果が期待できない倒産寸前の赤字子会社 ClearWire(WiMAX)事業をどうするんやろね? 2.5GHz帯の電波使用権を回収しつつ(だから切り売りも倒産もダメ)、自主的な事業精算(私的整理/ADR)にする可能性が高いけど、他の債権者ともめる可能性が……また、微妙な問題抱え込むのー。 他にも、スプリント・ネクステルはCDMA/CDMA2000(KDDIと同じクアルコム陣営)なので、通信方式を含んでの経営統合を目指すのなら、どこかでGSM/W-CDMAかLTEに変更しなくちゃならない。 「道険し」やね。

グーグル、クリアワイア株式を売却へ - 出資額約9割減で「損切り」
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201202271908.html
クリアワイヤ、債務返済不履行の可能性示唆 - スプリントへの圧力か
http://wirelesswire.jp/Watching_World/201111211048.html

« いじめ自殺防止で学校と親がすべきこと | トップページ | 撒娇的孩子(だだっ子) »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いじめ自殺防止で学校と親がすべきこと | トップページ | 撒娇的孩子(だだっ子) »