« 行儀の悪い安倍山口 | トップページ | 山中一泊で救助要請するんか »

2012年10月21日 (日)

再びネイティブ言語戦国時代へ

米アップル、オラクルのJavaソフト削除へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE89I06P20121019/

Flashに続いてここまでやるかー。
 現状、言語仕様だけがソフト開発共通化の妨げじゃないから、自社機専用開発環境だけでもいいじゃんってことなんだろうけど、思いっきり多様性に逆行しているよね。 ローハードウェアコスト・ハイパフォーマンスを求めるシビアコンテンツ開発(ゲームとか)の隆盛が続いているうちはいいけど、アップル系以外を含めた開発費人件費を抑えたいというコンテンツホルダー側の要望が強まるとJavaを標準搭載しないことは不利に働くことになる。 アップルは他社の心配なんか知るかー&付いてこれるヤツだけ付いてこいーっていうことなんだろうなぁ。

« 行儀の悪い安倍山口 | トップページ | 山中一泊で救助要請するんか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 行儀の悪い安倍山口 | トップページ | 山中一泊で救助要請するんか »