« 伊奈学園中からスピルバーグは生まれない | トップページ | アメリカの老害 »

2012年10月 4日 (木)

厳格適用が法義上の効率運用にあらず

日系演奏家のストラディバリウスも押収 独の空港で
http://www.asahi.com/national/update/1004/TKY201210040128.html

アジア系ねらい打ちなんですかね? ドイツ国内では高級楽器の脱税転売行為が実際あるのでしょうか? それにしては空港経由(トランジット?)の旅行者に疑いをかけるとか、身元がはっきりしている自国籍の人を疑うとか、手当たり次第過ぎな感じがします。 法の厳格適用を法義上の効率運用と履き違えているとしか思えませんね。 法律の字面だけでなく法制定時の理念をもう一度確認するべきでしょう。 念のため書いておきますが、日本の一部公共団体も同様のことしてますから、笑えません。

世界的奏者のバイオリン返還へ 独空港の税関で押収
http://www.asahi.com/national/update/0921/TKY201209210655.html

フランクフルト空港への意見はこちら↓まで。 いきなり批判ぶちかますよりは、空港事情を把握する姿勢でお願いします。

英語:
Frankfurt Airport | Contact
http://www.frankfurt-airport.com/content/frankfurt_airport/en/contact/contact_criticismandsuggestion.html

独語:
Frankfurt Airport | Lob und Kritik Feedback
http://www.frankfurt-airport.de/content/frankfurt_airport/de/kontakt/lob_und_kritik_feedback.html

« 伊奈学園中からスピルバーグは生まれない | トップページ | アメリカの老害 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 伊奈学園中からスピルバーグは生まれない | トップページ | アメリカの老害 »