« 戦犯・戦死者は英霊とは限らない | トップページ | 政治家とはなんぞや »

2012年12月 9日 (日)

情報の重み付け

「閉じ込められた。助けて」東北地震でデマツイート RT1万超、朝日新聞も釣られる
http://www.j-cast.com/2012/12/07157349.html

 かつての戦国時代、忍者が活躍した。 彼らの主な役目は情報収集と情報攪乱である。 素波(すっぱ)・乱波(らんぱ)と称する後者は、虚実織り交ぜたうわさ話を流し、根も葉もない御落胤話等で風評を落とさせ、事件・事故・災害・内輪もめに乗じて尾ひれを付けさせた。 戦国の世にあってこれらを重用しなかった大名は、信仰に厚かった上杉謙信だといわれる。 レッテル・ステマ全盛の現代、日本人は謙信を覇者になれなかった敗者だと笑うのだろうか。

« 戦犯・戦死者は英霊とは限らない | トップページ | 政治家とはなんぞや »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦犯・戦死者は英霊とは限らない | トップページ | 政治家とはなんぞや »