« 酢いも辛いもシッタカのマセガキが増えているのか | トップページ | LINEのIDは教えてはならない »

2013年2月16日 (土)

バブルチック景気対策

岩田規久男教授:日銀の国債購入不可欠 物価目標達成で
http://mainichi.jp/select/news/20130216k0000m020099000c2.html
「企業がお金を使わずにため込んでいる」

アベノミクス経済学者はマクロ的な判断ばかりするんだねぇ。
 状況証拠だけで、犯人逮捕しているようなものだ。 具体的な投資案件を持っている企業にとっては経済策は有益だが、何もイノベーションをもたらさない既得権益企業にとっては実体経済が好転しない限り、手を出さないだろう。 でもって、その鍵は給与水準の引き上げなのだが、労組をこき下ろす安倍政権下で金利に追随するほどには進むとは思えないなぁ。

「日銀も物価目標2%になるまでしか、国債購入を拡大しないと説明すれば、(財政赤字の肩代わりを防ぐ)歯止めになるはずだ」

 為替同様、麻生さんお得意のおどし効果で景気も変えようというのだろうが、インフレターゲットは1回ポッキリの達成目標ではない。 何度も繰り返せば、国の赤字は膨らむ。 何ともバブルチックな手法だこと。

« 酢いも辛いもシッタカのマセガキが増えているのか | トップページ | LINEのIDは教えてはならない »

株・為替・先物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 酢いも辛いもシッタカのマセガキが増えているのか | トップページ | LINEのIDは教えてはならない »