« もっともらしいことを言うダメな学者 | トップページ | 歴史ある荒廃国 »

2013年3月 3日 (日)

リアルタイムHDR

【レポート】NVIDIA、Tegra 4の詳細をついに公開 - CPUだけでなくGPUも大規模アーキテクチャ変更と明らかに
http://news.mynavi.jp/articles/2013/02/25/tegra4/index.html

この記事は、タブレット、スマホ向けの演算チップの話しだが、注目することが書いてある。
 それは、『リアルタイムHDR』。 複数画像(3枚くらい)を組み合わせることにより、白飛び・黒つぶれを無くすのがHDRで、最近発売のデジカメなら搭載している機能の一つである。 これを動画でやってしまおうというのだ。 ただし、そのような合成前の映像ソースデータをどのように得るのかについては、記事では考慮されていない。
 たぶん、今頃、ビデオカメラメーカー各社というか撮影素子メーカーは、露出感度の異なる素子を1つにまとめたセンサーを開発中なのではないかと想像できる。 また、センサー以外でも合成演算にかかる消費電力をどう抑えるかが、問題なのかもしれない。 これらをクリアし製品が世に出れば、ビデオカメラのちょっとした世代交代がかかりそう。 センサーと演算チップの両方を開発できるところが最初に出しそうな気がするが、何せどこも黙して語らないので、いつ頃になるとも何ともわからないのが残念(笑)

« もっともらしいことを言うダメな学者 | トップページ | 歴史ある荒廃国 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もっともらしいことを言うダメな学者 | トップページ | 歴史ある荒廃国 »