« 国際信用 | トップページ | 日米密約の経緯 »

2013年5月15日 (水)

都知事選自主投票は正解だった

みんな・江田氏「党に大きな亀裂」…松沢氏出馬
http://www.yomiuri.co.jp/election/sangiin/news/20130515-OYT1T00054.htm

 あっちこっち、ぷらぷらふらつく政治家にまともなのは少ない。 今思えば、都知事選で民主党が松沢氏を推薦しなかったのは、結果オーライだったとさえ思える。

まとまらぬ民主、都知事選また自主投票に
http://www.yomiuri.co.jp/election/local/news/20121122-OYT1T00752.htm

 当時は(今もだが)民主党は決められない党だと揶揄された。 しかし、基準に満たない人を推薦すれば、その責任は推薦した側に生じる。 広島カープや共産党ではないが、推薦する人の7、8割ぐらいは自党から育てるぐらいの体制にしなければ、どの党も長続きしないだろう。

 猪瀬知事にしても、そつ無くこなしているからたまたまの失敗を取り上げられるのかもしれないが、取り繕い方がどうにも独善的である。 彼の評価は彼を推薦した自民党に及ぶ。 安倍首相は、先の猪瀬知事のイスラム発言問題で、トルコでの取りなしをもって貸しを作ったつもりであろう。 国が都の運営に口を挟むようなことになれば、都の独自色は色あせる。

« 国際信用 | トップページ | 日米密約の経緯 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国際信用 | トップページ | 日米密約の経緯 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ