« カリスマ幻想 | トップページ | 安倍外交の怪しい交渉力 »

2013年5月21日 (火)

党渡り

参院選:千葉新人、維新に転出 「みんな」に資金返さず
http://mainichi.jp/select/news/20130521k0000m010098000c.html

 当選狙いで政党人気にあやかるため、または不人気から逃げ出すために、政党を渡り歩くものたちを受け入れる維新や生活(今の党名すら思い出せなくて確認したよ…)を許していいものか。
 自民党は民主党を「寄せ集め」として叩いた。 そこから、こぼれ落ちたのが、維新、みんな、生活へと散らばった。 党に尽くすために落選覚悟で残った民主党員を「寄せ集め」と言えるのだろうか。 そもそも「民主」とは色々な意見を集約してよりよい政治を行おうというもの。 最初から他の意見を排除した政党、あるいは「力」にしか媚びない政党員が、本当に納得づくで一致しているのであろうか。

しなくて良かった…渡辺氏、維新と合流を再否定
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20130518-OYT1T00892.htm
「つくづく合流しなくて良かった。政界再編は目指すが、理念が違う人たちと一緒になったら民主党と同じになる。民主党が失敗したのは、(複数の政党出身者の合流による)『寄せ鍋』だったからだ」

 さてさて、その寄せ鍋の灰汁をもらい受けた党が彼の鍋よりも香しいと言えるのか? 維新・生活に比べて「みんな」は少しだけマシな選別ができた程度であろう。 今謳っている政策以外では党の色がわかりづらく、その属人的な部分を有権者がどう見るのか。 他の野党同様、何しでかすかわからんという不安はあるだろう。 何せ、あの放言ミッチーの息子だし……。 親が反面教師になっていればいいけどね。

« カリスマ幻想 | トップページ | 安倍外交の怪しい交渉力 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カリスマ幻想 | トップページ | 安倍外交の怪しい交渉力 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ