« 宗男の影武者 | トップページ | 戦争は被害者感情で作られる »

2013年7月 4日 (木)

記録の責任

安倍首相「田中氏の外交記録2回分ない」 改めて批判
http://www.asahi.com/politics/update/0703/TKY201307030541.html

  • 外交官の外交記録の提出をチェックする存在が組織的にいないのか(外務審議官の上司って外務次官?)
  • 文書管理の部署に授受記録が残っていないのか
  • 外交官が提出済みの文書の保管責任まで負うのか

 田中角栄の尖閣棚上げの外交文書も残っていないし、外務省ってのはどうなってんでしょうかね。 黙っていれば、そのうち風化してくれるという文化でもあるんでしょうか。 だとすれば、他のさまざまな外交問題の際に、「証拠が残っていない」なんて言い訳は全部まゆつばに聞こえることになる。
 金にかかわる職業なんかでは、失敗したときの記録(記憶)だけじゃなく、きちんとこなした証明を個人的に残しておく。 それはいつ自分に疑いをかけられるかわからんから。 政治もそうなんかねー。

« 宗男の影武者 | トップページ | 戦争は被害者感情で作られる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 宗男の影武者 | トップページ | 戦争は被害者感情で作られる »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ