« 思いっきりブラック企業=秋田書店 | トップページ | 原発は最大の懸案 »

2013年8月23日 (金)

「はだしのゲン」閲覧制限は隠蔽過保護主義

「はだしのゲン」ごときで何で一々閲覧制限なのかいな。
 このマンガが描いていることがすべて正しいわけじゃないし、主人公に共感を覚える必要もない。 全否定も全肯定もするべきじゃないし、そういった存在を知ることのできる素材とみれば、読む価値はある。 制限を課すような過保護もいいかんにしたらどうかと思う。
 「美しい日本」というは、闇が支えるべきと考える連中がいるんだろうな。 闇の存在すら知らずに育った箱入り娘が、国際社会で何の役に立つ? 天真爛漫、純真無垢な日本人像って、むしろ嫉妬の対象になるだけだろうが。

« 思いっきりブラック企業=秋田書店 | トップページ | 原発は最大の懸案 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 思いっきりブラック企業=秋田書店 | トップページ | 原発は最大の懸案 »