« 秋葉原で世界を知る | トップページ | 拘民党 »

2013年9月29日 (日)

宇宙戦艦ヤマト2199

見たでー。

 映画版とで違うエンディング曲をTV版でかけている宇宙戦艦ヤマト2199ですが、ひと言。 TV版の中島美嘉「愛詞」と安田レイ「Best of my Love」は好きになりました。 第2話から第8話までの「愛詞」は作詞・作曲がみゆきさんだそうで、情感たっぷりです。 第9話から第17話まで「Best of my Love」は元気ロケッツの方。 ハーフだから日本人っぽくない歌い方なのですが、そこがまた宇宙人との交流を描く、スケール感・躍動感にマッチしていると思います。
 ただ、19話~最終26話となる3番目の曲の歌詞はちょっと……。 なんでヤマトに不倫の曲を使うんだよー(怒) スターシャが古代守とデスラーとの間で心が揺れ動いたから? だとしてもラストには似つかわしくなーい! 私にとって、劣情の結果の不倫はどんなに苦悩したとしても悲恋たり得ないです(曲のPVみたら余計嫌悪感が増しました)。 最終話ぐらい映画版と同じ水樹奈々の曲「愛の星」で締めくくってくれたら、よかったのに……(泣)
 ところで、コスモリバースの解釈が、トチロー化とは(笑) 新作ヤマトは沖田艦長の亡霊とともにってことになりますね。

« 秋葉原で世界を知る | トップページ | 拘民党 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋葉原で世界を知る | トップページ | 拘民党 »