« 正義暴漢 | トップページ | 増税条件はオリンピック誘致 »

2013年9月 3日 (火)

皇室利用

久子さま:IOC総会へ 宮内庁長官「苦渋の決断」
http://mainichi.jp/feature/koushitsu/news/20130903k0000m040054000c.html

『天皇家のために』というのは一番怪しい言葉である。
 皇室の政治利用を進めるということはカリスマの悪用につながる。 国民の大多数が望み皇族自身も賛成することであれば何ら問題ないが、時の政権の人気取りに担ぎ出されることは問題である。
 オリンピックは開催を目指すとしても、やはりあの条件の克服が必要だろう。 原発の安定化が済んでいない段階で、各国の選手に安心して日本に来てくださいと言えるだろうか。 ただでさえ健康に気をつかうスポーツ選手のことを思うと、我が国民自身があまり乗り気になれないのも無理からぬところ。 開催さえすればいいというのは暴論だ。 むろん招致が成功すればそれなりに官民揃って盛り上げるが、それを自民の手柄と言えるのだろうか。
 皇族の政治利用は神職でさえ例外ではない。 政治家と結託して、後継問題に口を挟む。 政治思想的に気に入らない皇室は除籍する方向で法制度が調整される。 女性の身分もそう。 『伝統だから』という根拠のあるようでまったくない紋切り型で後継が判断される。 女性がひとつ下に置かれる理由がないことはない。 男性に比べて愛嬌を求められるために所作振る舞いに気をつかう(自制が生じる)が、そこを奸臣に利用される可能性がわずかでも高くなるということだ。 だが、言いたいことを言える女性がいないわけではない。 天皇家の制度としては、男女の発言権の差をなくすようにする教育を進めるべきだろうし、自分の弱点さえも把握した人ほど頼りなるだろう。 皇室の女性とどこぞの巫女さんとを同じ見方でくくるようなことは間違いである。

>> 追記

福島第1・汚染水:海外メディア辛辣報道
http://mainichi.jp/select/news/20130904k0000e040182000c.html

 安倍氏がIOC総会に出向くぐらいなのだから勝算有りというところか。 しかし、上でも触れたが海外メディアからは原発の対応ぶりを問題視されている(のは予想内だろう)。 実質的に安倍政権の原発放置の穴埋めに皇室を使っていることになる。 本来ならば、安倍総理が人気低下覚悟で地下水の迂回や処理済み水の放出をもっと前に決断するべきだった。 これでは、消費税導入を決めた民主党以下である。

« 正義暴漢 | トップページ | 増税条件はオリンピック誘致 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 正義暴漢 | トップページ | 増税条件はオリンピック誘致 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ