« 度胸のつけどころ | トップページ | 内閣法制局 »

2013年9月 7日 (土)

あきれる記事解釈をするツイッター利用者

下着盗めず汗だく帰宅、妻に諭され現場戻り逮捕
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20130907-OYT1T00032.htm
「謝りに行きなさい」と妻に諭され、会社員方に戻り、110番で駆けつけた同署員に緊急逮捕された。

またまた、記事ツイートに馬鹿ばかりがぶら下がっている。 オレも見なきゃいいんだけどね~。
 なぜ、馬鹿なのかってーと、この記事に出てくる犯人の妻だが、夫を諭したところまではよかったが、一緒に謝りに行かなかったのが問題なのである。 ツイートしている連中は、このことにほとんど気付かずに、妻を哀れんだり称賛したりしている。 本来ならば、一緒に同行して「二度と夫にはこのようなことをさせませんから」と、監督責任を持つことを示していれば、警察にも逮捕されず、こうして記事にもならなかった可能性が非常に高い。 しかし、なんでこの程度の読みをネットをやっている連中はできないのかねー。 ニュースよりそっちの方にあきれるばかりである。

« 度胸のつけどころ | トップページ | 内閣法制局 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 度胸のつけどころ | トップページ | 内閣法制局 »