« 日本の公共教育が腐ってきている | トップページ | ダイジョーブダー? »

2013年10月20日 (日)

海外サーバー犯罪

「米動画サイトが無断公開」7社が提訴
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131020/k10015416101000.html

年貢の納め時ですかね。 米国fc2.inc 日本国広告代理店がここになります。

株式会社ホームページシステム
http://hpsys.co.jp/index.html

トップページには何も書かれていませんが、魚拓を見ると自慢げに色々書いています。
裁判ですが、たぶん過去の判例からいって原告側が勝訴するでしょう。

“無法地帯”FC2に情報開示命令 民訴法改正後初の事例か - ねとらぼ
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1302/20/news096.html

訴訟対策に日本からのIP規制を敷くと、動画は閲覧不可になるので投稿者も減ると思います。 まープロキシ通して(重くなった通信でデータを落として)まで違法動画を見たいとは思わないでしょ。 それでも代理店会社はFC2ブログのメンテナンスだけで食っていけるのかな。 問題は損害賠償費用を米国本社に請求したとしてFC2が応じるのかどうかです。 もともと詐欺みたいな会社ですから、結局アメリカで訴訟を継続されるまでは逃げるつもりかも知れません。 日本での国際裁判管轄事件判決をアメリカの司法当局がどの程度尊重してくれるのかどうか。 時間稼ぎをして資金移動したらドロンですかね。 あとは新会社つくって、振り出しに戻るっと……。 全ブログも突然閉鎖されるかもですよ。

« 日本の公共教育が腐ってきている | トップページ | ダイジョーブダー? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日本の公共教育が腐ってきている | トップページ | ダイジョーブダー? »