« ストレス教育の是非論 | トップページ | 福島原発の分離化 »

2013年10月 1日 (火)

円高の責任所在

米、政府機関が一部閉鎖の公算大 与野党対立で
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK01007_R01C13A0000000/

 1時間前の日経の掲載。 米国版チキンレースの幕開けだわー。 のほほーんと株式を持っている人は、これから青ざめることにことになるかもーです。 為替も円高進行でしょうね。 自民は、民主政権時代の円高(原因はユーロ危機)をこてんぱんにけなしてきたけど、これから起こる事態も想定済みなんですか? だいたい海外要因の為替変動の責任が政府与党にあるという根拠はどこにあるんか私にはサパーリわからんです。 なぜだか自信満々な自民さんには、しっかり責任を取ってもらいたいものですよ。

(週明け30日のNY株式市場)
NY株続落、128ドル安 米政府閉鎖に警戒感
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013100101001437.html

今まで上り調子だっただけに、月明けNY株式市場はもっと怖ろしいことになりそう。

« ストレス教育の是非論 | トップページ | 福島原発の分離化 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ストレス教育の是非論 | トップページ | 福島原発の分離化 »

カウンター

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ