« 選択肢のない朴大統領 | トップページ | 暴力団と露天と神社 »

2013年11月 5日 (火)

自民の問題先送り体質

除染費用に国費投入 福島原発事故対策、国が積極関与へ
http://www.asahi.com/articles/TKY201311040320.html

 この費用を誰が払う? 与党議員だけが払うわけじゃないだろ。 東電への増資ではなく肩代わりのどこに正当性があるのか。 自民は東電に任せたからダメだったというが、東電は除染会社を分社化する準備をしているという。 つまり、借金部分だけ国民持ちにして、実際の除染作業は相も変わらず東電子会社が請け負ってやりますよってことになる可能性高い。 フザケルナ! 自民党は、またもや消費税増税させても国家赤字を解消できない原因を作ることになった。

« 選択肢のない朴大統領 | トップページ | 暴力団と露天と神社 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 選択肢のない朴大統領 | トップページ | 暴力団と露天と神社 »

カウンター

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ