« いじめの反撃 | トップページ | ミクシィ赤字の原因はゲームにあらず »

2013年11月 8日 (金)

遺伝子組み換え米がもたらす未来

世界初の遺伝子組み換えイネ、フィリピンで2016年発売へ
http://www.afpbb.com/articles/-/3002763

 コメ問題というとTPPばかりが話題にのぼるが、世界では遺伝子組み換え作物がどんどん生み出されようとしている。 それも規制の厳しい先進国ではなく、途上国で研究されている。 さも食糧供給の安定をもたらす金(きん)の作物として。
 "Golden Rice"と呼ばれるその米は、通常、穀類ではなく野菜からでしか摂取できないビタミンAを作り出されるようになっているため、黄色いコメである。 途上国にとっては、必須栄養素も摂れる一石二鳥という扱いだ。 ビタミンの過剰摂取について、別途料理でブレンドして調整するつもりだろうか。
 もっとも気になるのは、人体や環境への影響である。 IRRI(International Rice Research Institute)のFlickrでは大量の写真がこれでもかと掲載されている。 「うちらはオープンにやっているから後ろめたいことは何もない」とでも言いたげに。 その中の写真に、防虫効果を示すらしいものがあった。 イッテンオオメイガ(一点大螟蛾、三化螟蛾)(Scirpophaga incertulas)の幼虫が黒くなって死んでいるように見える。
368501743_c8fd28505b_z368501159_577fee3002_z
 仮に人体に影響がないとしても、自然環境への影響は計り知れない。 この防虫効果が如何なる成分によるものかわからないが、害虫側の進化がこの殺虫力を凌駕したときのことを想像すると震えが止まらない。
 ところで、ここの研究所は何で写真をHDRで撮影しているのだろうか? 単にキレイと勘違いしているだけなのかもしれないが、人工的に手を加えることに嫌悪感を示す人を逆なでしたがっているようにも見える。 個人的には気色悪い。 自然に対する畏敬の念を感じない部類の人たちにとっては、『もののけ姫』なんかは、ただの馬鹿げたお伽話に見えるだろう。

« いじめの反撃 | トップページ | ミクシィ赤字の原因はゲームにあらず »

エコ・環境」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« いじめの反撃 | トップページ | ミクシィ赤字の原因はゲームにあらず »