« 特定秘密保護法と原発 | トップページ | キャッチフレーズ政策 »

2013年11月17日 (日)

旅行者の眼中にないリトルタウン

「千葉にムスリム街を」市長提言 海外からの集客狙う
http://www.asahi.com/articles/TKY201311150379.html

過去にあった事件のことなどすっかり忘れ去られている。

悪魔の詩訳者殺人事件 - Wikipedia

 つくば大学の助教授五十嵐一氏が大学研究室内で殺された。 未だに犯人は捕まっていない。 2004年と2010年の法律改正で時効にはなっていないし、国外逃亡(時効停止)の可能性もあるので捜査は継続されているはず。 たった二十数年前にあった事件のことさえ、世の中はこんな状態。 まして戦時中についてなど、改訂教科書世代には「なにそれ」ということだ。
 過去を知ろうとしないものが商売っ気で未来を語ろうとするなど、笑ってしまう。 君らはアメリカのリトルトーキョーを観光で訪れたことがあるか? 韓国人旅行者が大久保に立ち寄っていると思っているのか? わざわざイスラムの金持ちが、メシを食べに千葉まで来るという発想自体がナンセンスだと気付かないとは……。 ハラールで食べ物に困るというなら、ネットで検索できるので問題ないし、第一その理由なら各地に店があった方が旅行者本人たちにとって便利で困らない。

« 特定秘密保護法と原発 | トップページ | キャッチフレーズ政策 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 特定秘密保護法と原発 | トップページ | キャッチフレーズ政策 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ