« 国家による情報操作天国 | トップページ | 自民の問題先送り体質 »

2013年11月 5日 (火)

選択肢のない朴大統領

朴大統領「日韓首脳会談、しない方がまし」 BBC報道
http://www.asahi.com/articles/TKY201311040134.html?ref=com_top6
South Korea President Park: 'No purpose' to Japan talks
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-24768298

  1. 韓国国内世論では圧倒的に慰安婦を問題視している
  2. 韓国国内世論を抑え込む力は自分(朴大統領)にない
  3. 欧米議会が慰安婦の身元不備に気付かないでくれている
  4. 竹島を実効支配できている
  5. 中国が領土問題で歩調を合わせてくれている
  6. 日本が靖国参拝という右翼行動に出ているので包括的に非難できる
  7. 韓国企業の好業績で経済への悪影響に耐えられる

 大統領の立場に立てば、日本に協力するより反対する方が楽な状況にあると容易に想像がつく。 上の点を一つ一つ引っぺがして行かないと韓国は変わらない。 日本国民の一部は、相も変わらず朴大統領の人格批判や民族罵倒をしているし、韓国の傲慢を糾すのにその上を行く傲慢で挑もうとしているかのようだ。 脅し返すより、正攻法で勝負できる人材・総合力を身につける方がよっぽどスマートなんだがな。
 特に対処が必要なのは1番の韓国世論と3番の議会ロビー対策だろう。 6番の靖國は日本を代表する行為とするには仏教徒をあまりにも無視している。 平成の廃仏毀釈運動でもするつもりなら、むしろ国内が疲弊するだろう。 日本政府が竹島の動画を公開したことに韓国が敏感なのは、自国民が真実を知ってしまうことを怖れているからに他ならない。 慰安婦問題は全否定ではなく、誇張否定で訴えていく必要がある。 現状の両国のオールオアナッシング的な感情感覚では、確かに首脳会談は難しい。 安倍氏もわかっててポーズだけなのだろうが。

« 国家による情報操作天国 | トップページ | 自民の問題先送り体質 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 国家による情報操作天国 | トップページ | 自民の問題先送り体質 »

カウンター

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ