« 全否定にメリット少なし | トップページ | 教科書圧力に見る無謬主義とその原因 »

2013年11月15日 (金)

国会の真下に最終処分場を

小泉氏は最終処分地示せ=「原発即ゼロ」発言を批判-橋下氏
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2013111400925

どっかの妄言学者と同じことを言っている。
 もうすでに核廃棄物が少量でもあるんだから、これから原発稼働し続けて大量に核廃棄物を出そうがどうせ最終処分場が必要になるという論法だ。 もうやっちゃったもんだから、停めようがないという。 こんな馬鹿げた言い分があるだろうか?
 少量なら受け入れ可能という所があるかも知れないとは考えないのか。 海外でも、自国の処分場に併合してくれるところがあるかもしれない。 そういう場合は絶対量でいくらと計算されることになるはずだ。
 このままでは永久仮処分場である。 原発と違って万が一の心配もないというのならば、国会の真下に大深度で最終処分場をつくればよい。 土地代はただである。 地元承認も住民の少ない千代田区を説き伏せればよい。

« 全否定にメリット少なし | トップページ | 教科書圧力に見る無謬主義とその原因 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 全否定にメリット少なし | トップページ | 教科書圧力に見る無謬主義とその原因 »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ