« 愛国心の形 | トップページ | 旅行者の眼中にないリトルタウン »

2013年11月17日 (日)

特定秘密保護法と原発

福島第1原発1号機 燃料震災前破損70体 全体の4分の1
http://www.kahoku.co.jp/news/2013/11/20131116t63022.htm

  • 福島第1原発1号機の使用済み燃料プール内にある燃料棒70体が東日本大震災前から損傷していた
  • 損傷した燃料棒は1、4号機プールのほかにも2号機プールに3体、3号機プールに4体の計80体ある
  • 18日に燃料取り出しが始まる4号機プール内にも損傷した燃料棒が3体あり、東電は通常の取り出しが困難なため、対応を後回し
  • 同社は「国への報告は随時してきた」と説明
  • 損傷した燃料棒を取り出す技術は確立していない

 これも特定秘密なのだろうか。 法案が通れば、核燃料がテロリストに狙われているんだと言い出されると全部隠蔽される。 何せ、今の時点でも国が自ら公開していないのだから当然。 国にお伺いを立てずに東電の判断で公開すること自体ができなくなる。 それにしても交換不能な燃料棒が震災前から存在しているという時点で大問題なのに、誰からも知恵を借りずに(将来)何とかなると考えること自体が不思議でならない。 原発は科学の粋を集めており、すべて実証実験で得られたデータで危険を予想し尽くしているかのような説明は嘘だらけで、実際の現場では問題先送り体質が蔓延し、事故で情報統制が破綻するまで停めようがなかった。 おそらく、福島の原発以外でも起こっているはずだが、一切このような話は聞こえてこない。 どんだけ、口封じが進んでいるのだろうか。

« 愛国心の形 | トップページ | 旅行者の眼中にないリトルタウン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛国心の形 | トップページ | 旅行者の眼中にないリトルタウン »

カウンター

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ