« 増長者たちの欠陥法 | トップページ | 電話会社の営業店指導度 »

2013年11月19日 (火)

引きこもり親の親権を剥奪せよ

31歳女性、自宅で餓死か 一部ミイラ化、大阪
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013111801002548.html

これからよく起こるだろう事件。 親と共依存関係にあると独り立ちできない子ができる(本件が該当するかは不明)。 親が死んでも子は引きこもりのままで、役所に生活保護の申請にも行かない。 そして餓死する。
 親が生きているときに何とか対処しようとしても、親が親権をもっている限り、親自身が邪魔をして他人や行政そして兄弟もが手をこまねく。 親が早く死ぬのを待つしかないのである。
 どうするかって、引きこもりを育てている(飼い殺しにしている)親から親権を剥奪するしかない。 行政がそこまで面倒見るのかという意見もあるだろうが、それほど深刻な数が引きこもっているのである。 青少年や若年層だけではなく中年(そしてこれから老年)も、バカ親から子を引き離さなくてはならない。 与党は強権を発動するなら、こういうことを熱心にやってもらいたいものなのだが……。

« 増長者たちの欠陥法 | トップページ | 電話会社の営業店指導度 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 増長者たちの欠陥法 | トップページ | 電話会社の営業店指導度 »