« 悲観は愚癡の境涯 | トップページ | 政治演出が誘発した被害者感情 »

2014年1月31日 (金)

紙にも劣る電子書籍

買ったはずの蔵書が消える 電子書籍、企業撤退相次ぎ
http://www.asahi.com/articles/ASG1Q5WS1G1QUCVL00Y.html

これは出版権の問題ではない。 再販権や相続権そしてその基礎となるコンテンツ保護技術(DRM)の問題。 電子データをレンタルしていること自体にこのような問題をはらんでいる。 オリジナルの価値をどう守り伝えるのか。 それとも複製を防止できず、紙にも劣る媒体としての将来しか残されていないのか。 安価・簡易な保護セキュリティの決定打がないことが悩ましい。

« 悲観は愚癡の境涯 | トップページ | 政治演出が誘発した被害者感情 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 悲観は愚癡の境涯 | トップページ | 政治演出が誘発した被害者感情 »