« 第二次ヤルタ会談の可能性 | トップページ | 悲観は愚癡の境涯 »

2014年1月28日 (火)

自分らだけの「再チャレンジ」

「殿、お戯れを」と甘利氏 細川元首相を再びけん制
http://www.47news.jp/CN/201401/CN2014011701002297.html

また選挙戦略目的の人格批判ですか。 安倍政権は自分らの再チャレンジは許しても、他人の再チャレンジは認めないらしい。

しかも、女心がわからないジジイばかり……。

【都知事選】片山氏、舛添氏支持依頼に難色 「婚外子への慰謝料扶養が不十分」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140119/plc14011917580011-n1.htm

舛添氏ではなぜダメなのかと言えば、問題に直面すると小難しい法律論・政策論を持ち出して逃げ出すからに他ならない。 つまり、優秀な学者であっても党首・首長の器ではない。 例え正論だとしても、周りを巻き込めないような人では政治は動かないだろう。

« 第二次ヤルタ会談の可能性 | トップページ | 悲観は愚癡の境涯 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 第二次ヤルタ会談の可能性 | トップページ | 悲観は愚癡の境涯 »

カウンター

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ