« 閉鎖予告 | トップページ | 「かわいそう」では解決しない捨て犬 »

2014年2月 6日 (木)

もはや戦争準備内閣

NHK経営委員:新聞社拳銃自殺事件を礼賛
http://mainichi.jp/select/news/20140205k0000m040180000c.html
百田氏が選挙応援演説 NHK経営委員、持論展開
http://www.47news.jp/47topics/e/250047.php

この記事を見て、メディアに対する公平性についての安倍氏への一縷の望みも消え失せた。
 今の日本は、『正義』の定義が若い世代の自尊心を守ることになってしまっている。 それは「お坊ちゃま」として育てられた安倍氏が自分を重ね合わせるかのような奔走ぶりのせいもあろう。 日本国は本当に戦争への反省を「忘れた」というか「知らない」状態だ。 安倍氏は、平和貢献だ、日中韓対話だ、英霊追悼だ、と美辞麗句を並べるが、裏では右派思想で人事登用を進めている。 ここまで書いてもまだ気付かない人がいるようだが、これは明らかに戦争準備である。 国民は被害者意識を植え付けられ、自己正当化に駆り立てられている。

秘密法報道に不満爆発=安倍首相「3年後に検証を」-参院予算委
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014020500843

 誰が言ったかもわからない言葉を引用して国会で批判するとはどういうことか。 中国・韓国への反発のせいで日本国民は自浄能力を失い、暴走首相さえ辞めさせられない。 安倍氏は左派メディアを一社に絞って攻撃し、身内以外の歴代首相への敬意も払わない。 従軍慰安婦の報道姿勢をもって朝日新聞社のメディアとしての功績を全否定することはあまりにも異常である。 報道に思想的な偏りがあるのは産経新聞社の方ではないか。

「民主党さんの思うとおりにはさせないぜ」 ツイッター軽率発言を産経新聞が謝罪
http://www.j-cast.com/2009/08/31048550.html?p=all

 朝日が産経よりまだマシなのには根拠がある。 ここ数年前から朝日新聞のサイトでは記事への捏造やこじつけ批判をかわすために、取材相手の発言記録の全文を掲載することが多くなった。 生のままの事実をまず知って判断して欲しいということなのだが、これは高く評価してよいだろう。 出所不明の言葉を引用する誰かさんとは大違いである。

>> 追記

「安倍政府打倒は朝日の社是」安倍首相が発言 そんな「社是」本当にあるの?
http://www.j-cast.com/2014/02/06196200.html?p=all

 前後関係からいって、仮に「社是」の話が本当にあったとしても、それは第一次安倍内閣(2006年9月26日 - 2007年9月26日)当時のことで間違いないだろう。 前回の組閣はオトモダチ内閣と呼ばれる体たらくで、批判を受けて当然だったことは安倍氏本人が認めるところだ。 それに、三宅氏と若宮氏のやり取りはあまりにも酒席でのヨタ話っぽい。 それを確認もせずに色をなして国会答弁に使う子供っぽさは総理大臣として危うすぎる。

安倍晋三元首相らが新興宗教「生長の家」の関連団体で講演 - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2132915473170274701

 なんだか、本当に三宅氏から直接聞いたの?って聞きたくなる。 もし小川の著作から得た「社是」だとしたら、これは問題になる。 右派宗教団体に手玉に取られて、思い込みでマスメディア叩きをしていたということになるからだ。

三宅久之氏が亡くなったのは2012年(平成24年)11月15日
この『約束の日 安倍晋三試論』が刊行されたのは直前の 9月3日
まず三宅氏本人の確認が取れないため、本の内容は鵜呑みには出来ない。

« 閉鎖予告 | トップページ | 「かわいそう」では解決しない捨て犬 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 閉鎖予告 | トップページ | 「かわいそう」では解決しない捨て犬 »

カウンター

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ブログパーツ

  • UNIQLO CALENDAR
無料ブログはココログ